キューバ旅行情報館

トップ » 旅行計画

キューバのベストシーズン

写真

キューバは日本と比べると年間通しての気温差が非常に小さい。
もっとも低い1月で平均最低気温が18.6度/平均最高気温が25.8度、もっとも高くなる8月で平均最低気温が24.1度/平均最高気温が31.6度、年間通しての平均気温は24度前後だ。

●地球の歩き方「キューバの気候と天気」・・・東京の平均気温との差がグラフになっていてわかりやすい

●ハバナの気温と降水量・・・こちらは首都ハバナと東京の気温&降水量比較

乾季は11月から4月頃、雨季が6月から10月頃。
ベストシーズンは雨も少ない11月から4月と言われている。

ただそれほどベストシーズンにこだわる必要はないかもしれない。というのも、真夏の気温も東京とそれほど大きくは変わらず、雨季といっても7~9月の降水量は東京より少ない。気温18~25度の1月は、ビーチでまったりするには少々肌寒く感じられる日もあるだろうし、シュノーケルやダイビングを楽しみたいなら最も気温の低い時期は外したほうがいい。
またヨーロッパやカナダが冬になる11月から4月中旬にかけてと7月中旬~8月はハイシーズンで、ホテル宿泊料があがり予約も少々難しくなる。なのでここをあえて外すという選択肢もありだ。

ちなみに7月下旬にはサンティアゴ・デ・クーバでカーニバルが、8月にはハバナでカーニバルがある。

ひとつ気をつけないといけないのはハリケーン。
ハリケーンが多く到来するのは9月から10月にかけて。かなり大型のハリケーンが毎年到来しているという。キューバは防災大国でハリケーン被害による死傷者数は極めて少ないそうだが(参考記事)、不運にもぶつかってしまったらフライトが大幅に乱れることも予想される。できればその時期は避けたほうが安全だろう。





記事作成日:/最終更新日:2015年04月17日

キューバの人気観光スポット

キューバ地図
イメージ画像:ハバナ旧市街

ハバナの旧市街を散策

時間が止まったかのようなコロニアル情緒たっぷりの旧市街が魅力のハバナ。1940年台のクラシックカーも現役で多数走っており旧市街には古い建物が建ち並ぶ。
イメージ画像:バラデロのリゾート

バラデロでビーチリゾート満喫

細長い半島全体がリゾートで、オールインクルーシブの大型高級リゾートホテルが並ぶキューバ最大のビーチリゾート。ハバナ市内からもツアーも組まれている。
イメージ画像:古都トリニダー

古都トリニダー

世界遺産にも登録された旧市街が人気のトリニダー。石畳の坂道を散策し疲れたらカフェで一休み、オレンジ色の屋根越しに夕陽を眺め、夜は音楽と踊りを・・・。。
イメージ画像:サンティアゴ・デ・キューバ

サンティアゴ・デ・キューバ

東部にあるキューバ第2の都市で、キューバ革命の発端となった場所など革命史跡も多い。海賊対策として17世紀に作られたモロ要塞は世界遺産にも登録された。

関連サイト