キューバ旅行情報館

トップ » 旅行計画

キューバ旅行関連の本

写真

まだ日本からは遠い国のようで、キューバ旅行のためのガイドブックは「地球の歩き方」くらい。しかもドミニカやジャマイカなど、カリブ海の他の島々も含めて一冊なので情報量は少なく少々物足りなさも感じる。

キューバ東部も含め、個人旅行でキューバ全土をまわる予定の人は「旅行人160号特集キューバ・革命の島を徹底ガイド!」も持参したほうがいいだろう。

キューバはまだネット環境もあまりよくはない。交通手段やホテル&カーサ・パルティクラルなどの口コミ等、インターネットで確認しておきたい情報は、事前にしっかり調べてから出国することをオススメする。


地球の歩き方「キューバ&カリブの島々」


B24 地球の歩き方 キューバ&カリブの島々 2015
1,944円(発売日:2014/10/4)

定番のガイドブックで巻頭の特集も読み応えある。ただキューバ部分は80ページ弱で、案内されている都市もハバナ、バラデロ、トリニダー、サンティアゴ・デ・クーバだけなので(他都市は概要のみ)、キューバ横断旅行を計画している人には少々物足りなさも。


旅行人160号特集キューバ・革命の島を徹底ガイド!


旅行人160号特集キューバ・革命の島を徹底ガイド!
1,296円(発売日:2009/6/1)

出版は2009年と少し以前になるが、地球の歩き方にはない鉄道の解説などもあり、個人でがっつりキューバ旅行したいという人には役立つ情報が満載。ハバナ、トリニダー、サンティアゴ・デ・クーバ以外の街も訪れる人には必要な一冊だ。


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)


旅の指さし会話帳13キューバ (ここ以外のどこかへ!)
1,836円(発売日:2001/2/4)

Amazonでは中古本が販売されている。スマホアプリ版は、音声再生もでき、街歩き中にちょっと確認したい時など便利。キューバならではの単語も多く、キューバ人に見せると大受けすることも。そんなコミュニケーションツールにもなるし、スペイン語が片言でも話せるとキューバ旅はぐっと楽になる。可能であれば是非持っていきたいところ。


キューバへ行きたい


キューバへ行きたい (とんぼの本)


キューバ 革命と情熱の詩 (地球の歩き方GEM STONE)


キューバ 革命と情熱の詩 (地球の歩き方GEM STONE)


キューバでアミーゴ!


キューバでアミーゴ!





記事作成日:/最終更新日:2015年04月17日

キューバの人気観光スポット

キューバ地図
イメージ画像:ハバナ旧市街

ハバナの旧市街を散策

時間が止まったかのようなコロニアル情緒たっぷりの旧市街が魅力のハバナ。1940年台のクラシックカーも現役で多数走っており旧市街には古い建物が建ち並ぶ。
イメージ画像:バラデロのリゾート

バラデロでビーチリゾート満喫

細長い半島全体がリゾートで、オールインクルーシブの大型高級リゾートホテルが並ぶキューバ最大のビーチリゾート。ハバナ市内からもツアーも組まれている。
イメージ画像:古都トリニダー

古都トリニダー

世界遺産にも登録された旧市街が人気のトリニダー。石畳の坂道を散策し疲れたらカフェで一休み、オレンジ色の屋根越しに夕陽を眺め、夜は音楽と踊りを・・・。。
イメージ画像:サンティアゴ・デ・キューバ

サンティアゴ・デ・キューバ

東部にあるキューバ第2の都市で、キューバ革命の発端となった場所など革命史跡も多い。海賊対策として17世紀に作られたモロ要塞は世界遺産にも登録された。

関連サイト