キューバ旅行情報館

トップ » 旅行記 » 旅行記<バラコア編>

バラコア散策

写真

バラコアは、アレハンドロ・デ・フンボルト国立公園に行く外国人旅行者達の宿泊拠点だが、街自体はとても小さく、高い建物もないのどかな場所だ。中心にインデペンデンス公園がある。

写真

「島の隅っこの小さな街」というのが第一印象だが、ガイドブックを見てびっくり。

キューバ最東端にある地方都市バラコアは、1511年にスペイン人征服者ディエゴ・ベラスケス・デ・クエリャルにより築かれたキューバ最古の町。

「最古の町」なんだ!!!

写真

ただそんな歴史を感じるかというとそうでもなく、むしろ中心部はどの建物もきれいに色鮮やかな外壁塗装で、むしろ新興エリアのようにも見える。おそらく外国人観光客の増大で、ここ数年一気に整備をしているのかもしれない。

写真

インデペンデンス公園周辺と公園に近いアントニオマセオ通り両脇に旅行会社や外国人旅行者向けのレストランやバーなども集まっており、カーサ・パルティクラルもその周辺に散らばっている。

写真

公園から海沿いの道に出て行ったあたりに「ホテル・デ・ルサ」がある。
私の英語版のガイドブックによると、「The Russian Woman」という観光地として紹介されている。

「ロシアの女」として知られるMagdalena Menassesがバラコアにやってきたのは1920年代のこと。キューバの小説のモデルにもなったミステリアスな女性の住んでいた家が今ホテルに改装され、建物の中には彼女の写真や持ち物なども展示されているらしい。

写真

まあ、そもそもその小説も知らないので特に興味はないんだけど。

写真

その向かいには「リオ・ミエル・ホスタル」というホテルもあった。

写真

丘の上に建つ「ホテル・エル・カスティーリョ」はこんな感じ。

写真

インデペンデンス公園の突き当りにあるアスンシオン聖堂。

写真

英語ガイドブックによると1870年創建。
ただ外壁も内装も改修工事と塗替えでぴかぴかで、「昨年作った教会」と言われても違和感ないくらいにぴかぴか。他の建物もそうだけど、外壁びしっと塗り替えてきれいにすることが是とされるカルチャーなんだろうなあ。

写真

毎日夜ミサが行われており、ちょっと覗いたら結構な数の人が参列していた。

その他の写真はこちら。

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真





記事作成日:/最終更新日:2015年05月11日

キューバの人気観光スポット

キューバ地図
イメージ画像:ハバナ旧市街

ハバナの旧市街を散策

時間が止まったかのようなコロニアル情緒たっぷりの旧市街が魅力のハバナ。1940年台のクラシックカーも現役で多数走っており旧市街には古い建物が建ち並ぶ。
イメージ画像:バラデロのリゾート

バラデロでビーチリゾート満喫

細長い半島全体がリゾートで、オールインクルーシブの大型高級リゾートホテルが並ぶキューバ最大のビーチリゾート。ハバナ市内からもツアーも組まれている。
イメージ画像:古都トリニダー

古都トリニダー

世界遺産にも登録された旧市街が人気のトリニダー。石畳の坂道を散策し疲れたらカフェで一休み、オレンジ色の屋根越しに夕陽を眺め、夜は音楽と踊りを・・・。。
イメージ画像:サンティアゴ・デ・キューバ

サンティアゴ・デ・キューバ

東部にあるキューバ第2の都市で、キューバ革命の発端となった場所など革命史跡も多い。海賊対策として17世紀に作られたモロ要塞は世界遺産にも登録された。

関連サイト