キューバ旅行情報館

トップ » 旅行記 » 旅行記<バラデロ編>

長距離バス「ビアスール」でハバナからリゾート・バラデロへ

写真

ハバナを離れキューバ横断の旅へ!
最初の目的地は、ハバナからバスで3時間のリゾート半島「バラデロ」。

ハバナからは外国人旅行者用の長距離バス「ビアスール」に乗っていくか、旅行会社のツアーで行くのが一般的。ビアスール以外に旅行会社も一日一便程度のバスを運行していたりする。

写真

ビアスールの場合・・・

ハバナ発6:008:0013:0017:30
バラデロ着9:2511:1516:00 21:45

料金は片道10CUC(1250円)だ。

写真

本当はハバナ8:00発/バラデロ11:15着のバスに乗りたかったのだが、2日前にチケットを買いにビアスールオフィスに出向いたところその便だけ売り切れに(移動日が土曜日だったのも一因)。

仕方なく6:00発の便のチケットを買う羽目になり「30分前の5時半にはバスターミナルに来い」と言われ困惑した。というのも明るくなるのは7時前後、早朝ではバスもタクシーも走っていないことが予想されたからだ。

結局、宿泊していたカーサ・パルティクラルのオーナーに電話で車を手配してもらった。「早朝だから仕方がない」と押し切られ、さほど距離もないのに8CUC(1000円)とかなり高額になってしまった。

2日前に購入したチケットは、「予約票」的なものらしく、バスターミナルで再度列にならび発券というかチェックインする手続きが必要。

写真

新たに受け取ったチケットには席番号らしきものが書いてあるが、運転手さんに聞くと「席は自由だ」とのこと。これは他の路線のビアスールもすべてそうだった。

流石に早朝すぎて乗客は少ない。

そしてガイドブックに書いてあったとおり冷房効きすぎで寒い!!!
私は荷物すべて車内に持ち込んでいたので、日本を経つ前に来ていたユニクロの超薄ダウンジャケットをすぐ取り出せたからいいが、スーツケースごと車体下に預けてしまっている他の乗客は凍えそうになっていた。

写真

ハバナ─バラデロ間の道は舗装もかなりきれいなハイウェイになっているところがほとんど。途中、こんな感じのサービスエリア的なところで休憩。ここで朝食をとることもできる。

写真

そして遅延もなくバラデロ市街地にあるビアスールのバス停に到着。

さあ、リゾートだ\(^o^)/





記事作成日:/最終更新日:2015年04月09日

キューバの人気観光スポット

キューバ地図
イメージ画像:ハバナ旧市街

ハバナの旧市街を散策

時間が止まったかのようなコロニアル情緒たっぷりの旧市街が魅力のハバナ。1940年台のクラシックカーも現役で多数走っており旧市街には古い建物が建ち並ぶ。
イメージ画像:バラデロのリゾート

バラデロでビーチリゾート満喫

細長い半島全体がリゾートで、オールインクルーシブの大型高級リゾートホテルが並ぶキューバ最大のビーチリゾート。ハバナ市内からもツアーも組まれている。
イメージ画像:古都トリニダー

古都トリニダー

世界遺産にも登録された旧市街が人気のトリニダー。石畳の坂道を散策し疲れたらカフェで一休み、オレンジ色の屋根越しに夕陽を眺め、夜は音楽と踊りを・・・。。
イメージ画像:サンティアゴ・デ・キューバ

サンティアゴ・デ・キューバ

東部にあるキューバ第2の都市で、キューバ革命の発端となった場所など革命史跡も多い。海賊対策として17世紀に作られたモロ要塞は世界遺産にも登録された。

関連サイト