キューバ旅行情報館

トップ » 旅行記 » 旅行記<バラデロ編>

キューバで買える英語のガイドブック

写真

日本で購入した地球の歩き方は、キューバは80ページ程しかなく、さらにハバナ以外の情報は非常に薄い。


B24 地球の歩き方 キューバ&カリブの島々 2015

そんなわけでバラデロに来る直前、一冊英語のガイドブックを購入した。
キューバでは何種類か英語のガイドブックがあるが、よく見かけるのはこれ。空港でも販売されている。

写真

価格はホテル内ショップで買って8CUC(1000円)。
目次も入れて325ページあり、オールフルカラーだ。

写真

ただ具体的な交通手段などの情報はほとんどなく、観光地の案内が中心だ。
後半にこんな情報ページもあるが(なぜか日本のお札が中心にあって驚いた)、それほど詳細ではない。

日本でも入手できる英語版の詳細キューバガイドブックといえば定番ロンリープラネットだ。


Lonely Planet Cuba

電子書籍版もある。

情報は豊富で、特に個人旅行の人にとっては役立つ内容だが、文字中心なので英語がそれほど得意ではない人にとっては少々使いにくいかもしれない。

他にAmazonで検索すると、何冊か電子書籍でキューバの英文ガイドブックがあるが、やはり文字中心で内容的に今ひとつ。

個人的には、より詳細なガイドブックが必要なら、キューバについてから買ったほうがいいかなと思う。





記事作成日:/最終更新日:2015年04月09日

キューバの人気観光スポット

キューバ地図
イメージ画像:ハバナ旧市街

ハバナの旧市街を散策

時間が止まったかのようなコロニアル情緒たっぷりの旧市街が魅力のハバナ。1940年台のクラシックカーも現役で多数走っており旧市街には古い建物が建ち並ぶ。
イメージ画像:バラデロのリゾート

バラデロでビーチリゾート満喫

細長い半島全体がリゾートで、オールインクルーシブの大型高級リゾートホテルが並ぶキューバ最大のビーチリゾート。ハバナ市内からもツアーも組まれている。
イメージ画像:古都トリニダー

古都トリニダー

世界遺産にも登録された旧市街が人気のトリニダー。石畳の坂道を散策し疲れたらカフェで一休み、オレンジ色の屋根越しに夕陽を眺め、夜は音楽と踊りを・・・。。
イメージ画像:サンティアゴ・デ・キューバ

サンティアゴ・デ・キューバ

東部にあるキューバ第2の都市で、キューバ革命の発端となった場所など革命史跡も多い。海賊対策として17世紀に作られたモロ要塞は世界遺産にも登録された。

関連サイト