キューバ旅行情報館

トップ » 旅行記 » 旅行記<ハバナ編>

ハバナ空港に到着&市内までタクシーで約30分

写真

エアカナダ夕方出発便に乗ると、トロント空港での2時間の乗継時間を経て、ハバナ空港に到着するのは22時過ぎとなる。

写真

トロント発の便が遅延したため、管理人が到着したのは23時半を回っていた。

写真

↑入国時に荷物チェック

写真

この時間でも、空港の両替所も空いており、タクシーもたくさん停まっていたので問題ないが、初めての場所だと不安もあると思うので、夜遅く着く便の場合は、ホテルやカーサ・パルティクラル(民泊)に迎え手配をお願いしておくと安心だろう。

私はカーサ・パルティクラルのオンライン予約の際、便名を伝え送迎を頼めるかどうか質問をしておいた。
ただその後まったく返事もなく、こちらからも確認のメールをしそびれたため、タクシーで行くしかないなと思っていたのだが、1時間以上遅延した便から下りて出口に向かうと、私の名前を紙に書いて掲げた男性の姿を発見。

写真

おお、ちゃんと送迎手配してくれていたんだ!
しかも委託されたタクシードライバーではなく、予約した「カーサ・ヤラ」のオーナーさんご自身だった。

ちょっとびっくり感動。

写真

両替場所にも案内してくれ、別の人が運転する車に乗ってハバナ市内の新市街ベダード地区にあるカーサ・ヤラまで。

写真

料金は運転手に直接25CUC支払った。
2014年版のガイドブックによると市内まではタクシーで30CUC前後とあるので、自分一人で値段交渉して乗るより安く済んだと思う。

特に渋滞もなく、空港から市内までは約30分かかった。

写真

ちなみに空港を一歩でた瞬間から、目の前には角ばったレトロな車だらけ。
市内へ向かう途中も、周辺を普通に走ってる車を見ているだけでタイムスリップ感満載。

早くもテンションあがりまくったことをここにメモしておく。





記事作成日:/最終更新日:2015年04月09日

キューバの人気観光スポット

キューバ地図
イメージ画像:ハバナ旧市街

ハバナの旧市街を散策

時間が止まったかのようなコロニアル情緒たっぷりの旧市街が魅力のハバナ。1940年台のクラシックカーも現役で多数走っており旧市街には古い建物が建ち並ぶ。
イメージ画像:バラデロのリゾート

バラデロでビーチリゾート満喫

細長い半島全体がリゾートで、オールインクルーシブの大型高級リゾートホテルが並ぶキューバ最大のビーチリゾート。ハバナ市内からもツアーも組まれている。
イメージ画像:古都トリニダー

古都トリニダー

世界遺産にも登録された旧市街が人気のトリニダー。石畳の坂道を散策し疲れたらカフェで一休み、オレンジ色の屋根越しに夕陽を眺め、夜は音楽と踊りを・・・。。
イメージ画像:サンティアゴ・デ・キューバ

サンティアゴ・デ・キューバ

東部にあるキューバ第2の都市で、キューバ革命の発端となった場所など革命史跡も多い。海賊対策として17世紀に作られたモロ要塞は世界遺産にも登録された。

関連サイト