キューバ旅行情報館

トップ » 旅行記 » 旅行記<ハバナ編>

連結バス「カメーヨ(らくだ)」に乗る

写真

到着日、宿についたのは深夜1時だったが、翌日9時半からは語学学校で2週間のスペイン語コースに申し込んでいたので、カーサのオーナー夫婦に道順を教えてもらい、学校までバスで行くことにした。

写真

バス停は歩いて10分程の場所。ガイドブックには「路線が複雑で混雑も激しく、外国人旅行者のり用は難しい」とあったが、見て納得。バス停に路線番号は書いてあるが、路線マップどころか行き先表示すらもない。カーサで「P1に乗れ」と教えてもらっていなければ途方に暮れただろう。

念のため周辺の人に地図を見せて行きたい場所を伝えると「P1だ」との答え。
まもなく前方に大きく「P1」と電光表示のあるバスがやってきたので乗った。運転手さんにも行き先を伝え確認。バス最前列にいた男性が地図も見て確認してくれ、降りる場所が近づいたら教えてくれ「あの道をまっすぐ行け」と指示してくれた。

写真

時間帯にもよるが、このカメーヨは結構混み合っている。
そして非常に長いので、乗りながらじわじわ後ろに詰めていく必要もあるが、うまく下車扉近くのスタンディングゾーンに入り込めれば楽だ。

スペイン語学校で一緒のクラスになったヨーロッパ人には「あれに乗ったのか!」と驚かれたが、東京で通勤列車に乗っていた経験があれば、キューバのカメーヨの混み度合いなんて大したことはない。少なくとも背骨折れるんじゃないか!?的な圧迫感はないので。レディーファーストも徹底してるので、ぎつぎつのバスに乗り込む時も男性は「先に乗れ」と促してくれるし、車内でもスペース作ってくれたり席を譲ってくれたりしてありがたい。

この後も、ハバナ滞在中はこの連結バス「カメーヨ」に乗りまくった。
どうやら幹線を比較的長い距離走っているのがこのカメーヨらしく、路線番号はどれも「P」で始まっている。他に一両編成の普通の路線バスもたくさん走っているが、それらの路線番号には「P」はついていなかった。

何度かは適当に乗ったら案の定方向違いのほうに向かってしまい、同じバスで戻ってくることになったが、タクシー(乗り合いじゃないもの)だと初乗りで1CUC、ちょっとした距離ですぐ3~5CUCになってしまうのに対し、0.05CUC(6円)で済むので助かる。

写真

ホテルやカーサの最寄りバス停の路線番号標識を撮影しておけば、何番のバスに乗れば帰ってこれるかすぐわかっていいだろう。また街中でバス停を聞く場合も、写真を見せればバス停の名前も乗っているのでわかりやすいと思う(バス停名や路線番号の記載がないバス停も結構ある)。

写真

車内にも路線マップがあった(これを何故バス停に設置しないのか・・・)

確かに混みあうが、人物観察や観光地以外の街中風景を楽しむにも最適だ。

あ、そうそう。
大事なことを書き忘れていた。バス車内ではびっくりするほど大音量で音楽がかかっている。運転手さんが自由に選んでいるらしく、ノリノリのダンスミュージック的なものがほとんどだが、時にムーディーな音楽が流れていることもある。ごくたまに音楽がかかっていないバスなどに乗ると、途中から乗ってきた乗客が手持ちのプレーヤーもしくはラジオで音楽をかけてしまうことも。

話には聞いていたキューバ人の音楽好きに初日はかなりびっくりしたが、いつの間にか慣れてしまった。きっと帰国したら、静かなバスにカルチャーショックを感じるかもしれない。





記事作成日:/最終更新日:2015年04月09日

キューバの人気観光スポット

キューバ地図
イメージ画像:ハバナ旧市街

ハバナの旧市街を散策

時間が止まったかのようなコロニアル情緒たっぷりの旧市街が魅力のハバナ。1940年台のクラシックカーも現役で多数走っており旧市街には古い建物が建ち並ぶ。
イメージ画像:バラデロのリゾート

バラデロでビーチリゾート満喫

細長い半島全体がリゾートで、オールインクルーシブの大型高級リゾートホテルが並ぶキューバ最大のビーチリゾート。ハバナ市内からもツアーも組まれている。
イメージ画像:古都トリニダー

古都トリニダー

世界遺産にも登録された旧市街が人気のトリニダー。石畳の坂道を散策し疲れたらカフェで一休み、オレンジ色の屋根越しに夕陽を眺め、夜は音楽と踊りを・・・。。
イメージ画像:サンティアゴ・デ・キューバ

サンティアゴ・デ・キューバ

東部にあるキューバ第2の都市で、キューバ革命の発端となった場所など革命史跡も多い。海賊対策として17世紀に作られたモロ要塞は世界遺産にも登録された。

関連サイト