キューバ旅行情報館

トップ » 旅行記 » 旅行記<ハバナ編>

チェ・ゲバラ肖像のある革命広場

写真

1日目の午後、日本大使館のあるミラマール地区から旧市街まで行こうと適当なバスに乗ったら、案の定旧市街には行かず、途中からどんどん南下してしまい、川やら線路やらを越えて完全に「ここはどこ?」状態になってしまった。

ここ最近ずっと、海外旅行の際はスマホのGPS連動Googleマップが頼りだったため、「自分の現在位置がわからない」という状況はなかなかストレスフル。

降りたバス停の人にいろいろ聞きまくった結果、ハバナの観光名所のひとつでもある革命広場からはさほど遠くない場所にいることがわかり、バスの番号を教えてもらい革命広場までやってきた。

写真

既に日没時間。

周辺の施設も全てしまっており、広い駐車場はがら空き、時折オープンエアの二階建てバスやクラシックカー観光の人が写真撮りながら通り過ぎるだけだ。

ただ実は太陽の光が強すぎるキューバでは、このくらいの時間帯のほうがきれいな写真が撮れる。

写真

最初に飛び込んできたのが、2009年に設置された情報通信省の壁の、カミーロ・シェンフエゴスの肖像。

●カミロ・シエンフェゴス - Wikipedia

写真

そしてこちらがハバナのガイドブックなどにも必ず登場する、内務省の壁に描かれたチェ・ゲバラの肖像。

●チェ・ゲバラ - Wikipedia

写真や肖像画ではなく、ラインだけで描かれた顔というのもいいのかも。

ちなみにこのあたりは政府機関の建物が集中しているエリアで、日本で言うところの霞ヶ関。

写真

革命広場の中心には、仏塔のようにも見えるホセ・マルティ記念博物館が建つ。19世紀のキューバ独立戦争の英雄だ。

●ホセ・マルティ - Wikipedia

ちなみにこの塔は上から見ると星形。キューバの国旗にも赤地に白抜きの星が輝いているが、独立を意味しているのだそう。博物館になる前は共産党のオフィスだったとのことだけど、中にそんなスペースあるのか?

「カストロはどこにも登場してないけどいいの?」

と一瞬思ってしまうけど、独立戦争を率いた大先輩、そして先に逝ってしまった革命同志たちに敬意を払うということなのだろうか。不思議なほどに市内でもカストロ前議長の写真や肖像画を見ることもないのは、まだ存命の方ということや、指導者崇拝の体制にはしないという方針なのだろうか。

このあたり、お恥ずかしながら見事に無知なので帰国したらちゃんと調べてみたいと思う。





記事作成日:/最終更新日:2015年04月09日

キューバの人気観光スポット

キューバ地図
イメージ画像:ハバナ旧市街

ハバナの旧市街を散策

時間が止まったかのようなコロニアル情緒たっぷりの旧市街が魅力のハバナ。1940年台のクラシックカーも現役で多数走っており旧市街には古い建物が建ち並ぶ。
イメージ画像:バラデロのリゾート

バラデロでビーチリゾート満喫

細長い半島全体がリゾートで、オールインクルーシブの大型高級リゾートホテルが並ぶキューバ最大のビーチリゾート。ハバナ市内からもツアーも組まれている。
イメージ画像:古都トリニダー

古都トリニダー

世界遺産にも登録された旧市街が人気のトリニダー。石畳の坂道を散策し疲れたらカフェで一休み、オレンジ色の屋根越しに夕陽を眺め、夜は音楽と踊りを・・・。。
イメージ画像:サンティアゴ・デ・キューバ

サンティアゴ・デ・キューバ

東部にあるキューバ第2の都市で、キューバ革命の発端となった場所など革命史跡も多い。海賊対策として17世紀に作られたモロ要塞は世界遺産にも登録された。

関連サイト