キューバ旅行情報館

トップ » 旅行記 » 旅行記<ハバナ編>

キューバといえばレトロ感120%のクラシックカー

写真

初めてキューバにやってきた人が最もびっくりするのがやはり、街中を走っている車だろう。古い洋画の中でしか見たことがないレトロな車が、現役で街中を走っているのだ。しかもその数がものすごく多い。

写真

私にとっては、コロニアルな建物以上に、これらのクラシックカーのほうが「タイムスリップ感」を味あわせてくれた。

・・・と言っても、クルマ知識ゼロなので、どれがクラシックなクルマなのかもよくわかってないんだけど、日本などで見慣れた現代車とは違うごっついのがたくさん走っていてその存在感が半端ない。

なぜこんな状態なのか。

写真

キューバ革命が起こり、米国との関係が断絶し経済制裁が始まったのが1959年。それ以前に米国から入ってきた40年台・50年台のクルマたちがその後ずっと、修理を繰り返しながら現役で生き残ってきたのがひとつ。

写真

それと、60年台はソ連のごついクルマが入ってきた。

写真

ガイドブックによると、ボディだけが昔のもので、中はもうほとんど入れ替えられてしまっているものも結構あるんだとか。実際、見た目はレトロだが、別に街中でエンストしてるクルマも見かけないし、ちゃんとスピードもだして走っている。

写真

輸入ストップという理由だけでなく、昔の車を愛するカルチャーがあるのかもなと思った。クラシックカーのほとんどは今タクシーになっているので、旅行者も乗る機会は多い。

旧市街のセントラル広場周辺には、レトロなオープンカーがずらり並んでおり借りることができる(運転手付きで借りることも)。交通秩序は日本並なので、カナダ人やヨーロッパ人は借りて自分たちで運転している人も多かった。右側通行なので日本人にはちょっと難しいと思うけど。

写真

バイクもサイドカーをつけて走っているものが多い。SUZUKIも結構見かけた。
キューバは乗り物好きの人をワクワクさせてくれる国かもしれない。

写真





記事作成日:/最終更新日:2015年04月09日

キューバの人気観光スポット

キューバ地図
イメージ画像:ハバナ旧市街

ハバナの旧市街を散策

時間が止まったかのようなコロニアル情緒たっぷりの旧市街が魅力のハバナ。1940年台のクラシックカーも現役で多数走っており旧市街には古い建物が建ち並ぶ。
イメージ画像:バラデロのリゾート

バラデロでビーチリゾート満喫

細長い半島全体がリゾートで、オールインクルーシブの大型高級リゾートホテルが並ぶキューバ最大のビーチリゾート。ハバナ市内からもツアーも組まれている。
イメージ画像:古都トリニダー

古都トリニダー

世界遺産にも登録された旧市街が人気のトリニダー。石畳の坂道を散策し疲れたらカフェで一休み、オレンジ色の屋根越しに夕陽を眺め、夜は音楽と踊りを・・・。。
イメージ画像:サンティアゴ・デ・キューバ

サンティアゴ・デ・キューバ

東部にあるキューバ第2の都市で、キューバ革命の発端となった場所など革命史跡も多い。海賊対策として17世紀に作られたモロ要塞は世界遺産にも登録された。

関連サイト