キューバ旅行情報館

トップ » 旅行記 » 旅行記<ハバナ編>

日帰りビニャーレス渓谷バスツアーに参加

写真

キューバ上陸後最初の週末となった土曜日、日帰りビニャーレス渓谷バスツアーに参加した。

本当は金曜日に路線バスか何かに乗ってビニャーレスに行き、ひとりで観光して帰ってくる予定だったのだが、地球の歩き方にも行き方は乗っておらず、インターネットを使える場所は限られ公共交通機関を調べることができず、カーサ・パルティクラルの人に聞いても「ホテル内の旅行会社で日帰りバスツアーを申し込むのが一番」としか教えてもらえなかったので断念した。

ここまでインターネット利用ができないとわかっていれば、もっとキューバ内での移動方法を日本にいた時に調べておくべきだった。

まあロンリープラネットなど英語ガイド本を買ってくればよかっただけの話なんだけど、荷物も増やしたくないしで・・・。

ただバスツアーにして正解。

世界遺産に登録されたビニャーレス渓谷だけでなく、ラム酒工場や洞窟ボート遊覧、ハマキ生産農家見学など盛り沢山。

参加者はカナダとドイツからの旅行者がほとんどで、それにイギリスやフランスからの人が加わっており、年配ご夫婦が大半だった。ひとり参加だったのは自分とフランス人の男性だけ。

他の参加者ともほとんど交流していないので、ひとり好きなのかなと思っていたら、実は自分以上に英語が不得意な人だった。フランス人だから当然なんだけど、確かにこれではジョークもがんがん飛ばしながら盛り上がっている他の参加者の会話には入れない。

でもおかげでランチの時にちょっとお話ができた。

「やっぱり旅行はひとりじゃなくちゃ。そうでなけれりゃ、最初から最後まで風景みながらフランス語でしゃべって終わっちゃうよ」と。今回はスペイン語の勉強も兼ねてやってきてるそうで、ひとりだからこそスペイン語で地元の人と話ができるのだと語っていた。ほんと確かにそう。ひとりだからこそのメリットはある。

会話にはちょっとしか加われなかったものの、他の参加者の話を聞いているだけでも面白かった。

洞窟では、しばらく歩いた後にボートに乗るのだが、そのボート乗り場が大渋滞で、長い列がなかなか動かない。暗くて狭い洞窟の中、先頭の場所すら見えないシチュエーションはイラッとする人がでてもおかしくないのだが、バスツアー参加者達は、他の参加者との交流の機会として楽しんでいる人も多かった。

「通勤ラッシュのバスだってこんな並ばないよ」
「君の国は幸せだ。うちらの地下鉄はこんなもんじゃない」

「それにしても進まないなあ」
「セキュリティチェックやってるんだろ。最近テロ多いし」
「ロンドンと一緒にするな」

的な会話がぽんぽん飛び交い、どっと笑いが起こる。

「東京はまだ気温10度くらいで寒い」

というと、すかさずカナダ人から「マイナス10度じゃなきゃ寒いとは言えない」なんて突っ込みも入る。

英語がちゃんと話せたら、こんな輪にもコンプレックスなく自然に入れるのかなあと思うと、今更だけどちゃんと勉強したくもなる。まあ言葉の問題より、コミュニケーション能力の低さが課題なんだけどね、自分の場合。

ちなみにこのバスツアーは、ランチ込みでひとり59CUC(7,375円)。ひとりで行っても結局タクシーチャーターしなければ回れない場所が多いので、もっと高くついてしまうだろう。キューバは他にもかなりいろいろな種類の現地ツアーがあるので、上手に使って効率的にあちこち見てみようと思った。

写真多いのでとりあえず貼り付け。
詳細は後で書き足します。

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真





記事作成日:/最終更新日:2015年04月09日

キューバの人気観光スポット

キューバ地図
イメージ画像:ハバナ旧市街

ハバナの旧市街を散策

時間が止まったかのようなコロニアル情緒たっぷりの旧市街が魅力のハバナ。1940年台のクラシックカーも現役で多数走っており旧市街には古い建物が建ち並ぶ。
イメージ画像:バラデロのリゾート

バラデロでビーチリゾート満喫

細長い半島全体がリゾートで、オールインクルーシブの大型高級リゾートホテルが並ぶキューバ最大のビーチリゾート。ハバナ市内からもツアーも組まれている。
イメージ画像:古都トリニダー

古都トリニダー

世界遺産にも登録された旧市街が人気のトリニダー。石畳の坂道を散策し疲れたらカフェで一休み、オレンジ色の屋根越しに夕陽を眺め、夜は音楽と踊りを・・・。。
イメージ画像:サンティアゴ・デ・キューバ

サンティアゴ・デ・キューバ

東部にあるキューバ第2の都市で、キューバ革命の発端となった場所など革命史跡も多い。海賊対策として17世紀に作られたモロ要塞は世界遺産にも登録された。

関連サイト