キューバ旅行情報館

トップ » 旅行記 » 旅行記<ハバナ編>

旧市街を再び散策~フェルサ要塞からカテドラルまで

写真

旧市街で見落としている場所が何箇所かあったので、ハバナを離れる前の日に再び訪れた。まずはオビスポ通り入り口、アルマス広場の北側にあるフェルサ要塞。

写真

写真

写真

この立派な建物は市立博物館。
スペイン統治時代には総督官邸で、その後大統領官邸や市庁舎になった建物だ。

写真

写真

写真

いつもここで佇んでいる大道芸人。

写真

アルマス広場の北側、カテドラルに向かう途中の建物。
一階は小さなお土産屋さんなどが入っているだけなんだけど、上は普通に人が住んでいるのかなあ。要塞や運河も見えるいい部屋だと思う。

写真

のどかなお土産屋さん店頭。
他の観光国と違い、お土産屋さんにしてもタクシーにしても、客引きがそれほどしつこくないのがキューバのいいところ。もちろん声はかけてくるけど、笑いながら首を振ればそれ以上しつこく食い下がって呼びつづけたりしない。

写真

写真

「Muralla」とは城壁のこと。17~18世紀のハバナの城壁の一部らしい。

写真

そしてカテドラル広場に到着。

写真

1704年に建てられたカテドラル。

立派だなあと思うが、キューバで最終的に奴隷廃止となったのは1886年なので、この建築にも多くの人が酷使されたのかもと思うと単純に感動だけしてるわけにもいかない。

写真

このカテドラルに限らず、他の豪華な装飾の植民地時代の邸宅すべてがアフリカから強制的に連行された人達の犠牲によって蓄積された富によって作られている。そうした植民地時代の資産家の邸宅などは博物館などになっているところも多く、当時の家具や食器なども展示されている。

黒人奴隷の犠牲のもとにこうした建物が作られた歴史を示すものとして、奴隷に対して使われた拘束具や拷問用具などを展示しているところもある。

写真

カテドラル広場の回りの建物の一階は高級レストランになっていた。

オビスポ通りにもたくさんのレストランがあるが、人が多すぎ賑やかなところも多いので、ゆっくり落ち着いて食事をしたいならここまで来たほうがいいかもしれない。





記事作成日:/最終更新日:2015年04月09日

キューバの人気観光スポット

キューバ地図
イメージ画像:ハバナ旧市街

ハバナの旧市街を散策

時間が止まったかのようなコロニアル情緒たっぷりの旧市街が魅力のハバナ。1940年台のクラシックカーも現役で多数走っており旧市街には古い建物が建ち並ぶ。
イメージ画像:バラデロのリゾート

バラデロでビーチリゾート満喫

細長い半島全体がリゾートで、オールインクルーシブの大型高級リゾートホテルが並ぶキューバ最大のビーチリゾート。ハバナ市内からもツアーも組まれている。
イメージ画像:古都トリニダー

古都トリニダー

世界遺産にも登録された旧市街が人気のトリニダー。石畳の坂道を散策し疲れたらカフェで一休み、オレンジ色の屋根越しに夕陽を眺め、夜は音楽と踊りを・・・。。
イメージ画像:サンティアゴ・デ・キューバ

サンティアゴ・デ・キューバ

東部にあるキューバ第2の都市で、キューバ革命の発端となった場所など革命史跡も多い。海賊対策として17世紀に作られたモロ要塞は世界遺産にも登録された。

関連サイト