キューバ旅行情報館

トップ » 旅行記 » 旅行記<ハバナ編>

ヘミングウェイの常宿「ホテル・アンボス・ムンドス」見学

写真

オビスポ通りにある外壁が淡いオレンジ色の建物がホテル・アンボス・ムンドス。ヘミングウェイが家を買うまでの間常宿にしていたホテルだ。

写真

ここも一大観光スポットになっており、入口付近にいつも団体客が固まっていて入りにくかったのだが、この日はなぜか空いていた。

写真

ヘミングウェイが長期滞在していたのは1930年代。

写真

ホテル入ってすぐの場所はバーになっている。
あまりに暑かったのでまずは一杯。

こんな空いていることもあるんだなあ。

写真

奥に進むとホテルのフロントとラウンジがある。

写真

ヘミングウェイが滞在していた部屋が博物館として一般公開されているとのことだったので覗いてみることにした。レトロなエレベーターを操作しているのは、絶妙なトークで訪問客を笑わせる男性スタッフだった。

写真

古いホテルだが、中は明るい塗装できれいだ(廊下狭いけど)。

写真

突き当り手前が511号室。

突き当りにも部屋があるのだが、511号室の前は人が塊になっており、狭い通路で出入りがかなり大変そうだった。

写真

宿泊客以外は2CUCの入場料が必要。
10時から17時までとあるが、私が訪れた時はたまたまスタッフが部屋を出ていたらしく鍵もかかっており、しばらく外で待たされた。


写真

中央にはヘミングウェイが使っていたタイプライター。

写真

そしてベッド。
テラスの外は賑やかな通りだ。

写真

釣り好きだったヘミングウェイの釣り竿や、写真も展示されている。

写真

ちょっと意外だったのは、かなり狭い部屋なこと。
市の中心地で、近くに行きつけのバーもあったので、ロケーション重視だったのかな。

写真

スタッフが簡単なガイドもしてくれる。

写真

写真はカジキマグロ釣り大会のヘミングウェイカップ。
カストロと一緒に写っている。

写真

部屋数はそこそこあるけど、観光名所になっているし場所が非常に良いので予約はちょっと難しいのかな。でももし予約できたら、旧市街観光には絶好の宿泊場所だ。ルーフガーデンのレストラン&バーもあるそう。





記事作成日:/最終更新日:2015年04月09日

キューバの人気観光スポット

キューバ地図
イメージ画像:ハバナ旧市街

ハバナの旧市街を散策

時間が止まったかのようなコロニアル情緒たっぷりの旧市街が魅力のハバナ。1940年台のクラシックカーも現役で多数走っており旧市街には古い建物が建ち並ぶ。
イメージ画像:バラデロのリゾート

バラデロでビーチリゾート満喫

細長い半島全体がリゾートで、オールインクルーシブの大型高級リゾートホテルが並ぶキューバ最大のビーチリゾート。ハバナ市内からもツアーも組まれている。
イメージ画像:古都トリニダー

古都トリニダー

世界遺産にも登録された旧市街が人気のトリニダー。石畳の坂道を散策し疲れたらカフェで一休み、オレンジ色の屋根越しに夕陽を眺め、夜は音楽と踊りを・・・。。
イメージ画像:サンティアゴ・デ・キューバ

サンティアゴ・デ・キューバ

東部にあるキューバ第2の都市で、キューバ革命の発端となった場所など革命史跡も多い。海賊対策として17世紀に作られたモロ要塞は世界遺産にも登録された。

関連サイト