キューバ旅行情報館

トップ » 旅行記 » 旅行記<ハバナ編>

ラム酒博物館ツアー

写真

最後の2日間のハバナ滞在では、行きそびれいていた場所をひとつずつ潰していった。まずはラム酒博物館。前回来た時は既に英語版ツアーが終わってしまっていた。ツアー参加せず自由に参観ということはできないのだ。

写真

ツアー参加料は7CUC(875円)。
英語ツアーが出発した直後だったので、急いで料金を払い追いかけた。

写真

待機場所となっている中庭的なスペース。

写真

写真

写真

写真

追いついた!
さとうきびを絞る昔の機械を紹介していた。

写真

さとうきび工場の巨大模型。
キューバはさとうきびを運ぶため、かなり早くに鉄路が敷かれた国だ。

写真

列車も走りかなり本格的な模型だ。

写真

写真

写真

写真

写真

ラム酒を使ったカクテルのいろいろ。
最上行は、左からダイキリ・フローズンダイキリ・モヒート・キューバリブレだ。

写真

最後の試飲会場。

写真

ラムはあまりストレートで飲むこともない。
アルコール度数が強いこともあり、結構むせそうになる。

写真

写真

最後はショップ。
街中では売っていない超高級なラム酒もある。

写真

1700CUC、つまり20万円以上するラム酒。

「さあ、これを一体誰が買うのでしょうか?・・・ロシア人と中国人です」

というと、まわり全員が納得の笑み。

写真

ちなみにこちらが普通の3年物ハバナ・クラブ。5.55CUC(693円)だ。

写真

中庭ではジュースを混ぜた甘いカクテルが飲める。

写真

美味しい♪

写真

ラム酒博物館の中にあるバーでは、バンド演奏も行われていたが、前回来た時にここでフローズンダイキリ飲んだので今回は覗いただけ。

ツアーは英語説明だけなのでわからない部分も結構あったが、面白かった。





記事作成日:/最終更新日:2015年05月12日

キューバの人気観光スポット

キューバ地図
イメージ画像:ハバナ旧市街

ハバナの旧市街を散策

時間が止まったかのようなコロニアル情緒たっぷりの旧市街が魅力のハバナ。1940年台のクラシックカーも現役で多数走っており旧市街には古い建物が建ち並ぶ。
イメージ画像:バラデロのリゾート

バラデロでビーチリゾート満喫

細長い半島全体がリゾートで、オールインクルーシブの大型高級リゾートホテルが並ぶキューバ最大のビーチリゾート。ハバナ市内からもツアーも組まれている。
イメージ画像:古都トリニダー

古都トリニダー

世界遺産にも登録された旧市街が人気のトリニダー。石畳の坂道を散策し疲れたらカフェで一休み、オレンジ色の屋根越しに夕陽を眺め、夜は音楽と踊りを・・・。。
イメージ画像:サンティアゴ・デ・キューバ

サンティアゴ・デ・キューバ

東部にあるキューバ第2の都市で、キューバ革命の発端となった場所など革命史跡も多い。海賊対策として17世紀に作られたモロ要塞は世界遺産にも登録された。

関連サイト