キューバ旅行情報館

トップ » 旅行記 » 旅行記<ハバナ編>

サン・ホセ民芸品市場は行くべし!

写真

ラム酒博物館からも歩いて10分かからないくらいの距離、フェリーターミナルと鉄道駅の間あたりの海沿いに、倉庫をリノベーションして作った民芸品市場がある。外国人旅行者向けのおみやげ屋さんということで、「高いものばかりなんじゃないか」とあまり期待していなかったのだが、行ってびっくり。

写真

規模が半端ない。
そして実はお値段もなかなかお手頃!

見て回ってるだけでも楽しめる。

写真

入るとまずは絵画コーナー。
キューバは芸術家育成に力を入れている国で、画家・音楽家・ダンサーが非常に多い。

観光のおかげで、絵で生計をたてられる人も多いのだとか。

写真

ヨーロッパ人など、見ていると結構若い人でも絵を買っていたりする。
あまり家に絵を飾る文化が定着していない日本人としては、ちょっと驚くほどだ。

写真

中には両替所もある。

写真

この日の両替レート。
日本円は1CUC=124.6円だ。

ユーロとUSDの場合は、1.03、1.04なので、大体同じと考えていい。

写真

天井高く広い倉庫の中に、たくさんの小さな土産店のブースが並ぶ。
もちろん来ているのは、ヨーロッパ&カナダの旅行者達。大型バスが前に何台も停まっていることもある。

写真

こんな感じだ。
店員さんの多くは、英語が流暢なかなりきれいな若い女性。

写真

革製品。
経験的に、気候が日本と大きく違う国では革製品を買わないほうが安全。

写真

絵皿やマグネット、カップなども。

写真

非常に多いのが木彫の像。
結構安かったりする。

写真

こちらもキューバでよく見るお土産。
木目も活かした塗装がされ、あたたかみがある。

円形の木に鳥などの絵が描かれているものなどいくつかのパターンがある。

写真

もちろんTシャツも。

写真

まず購入したのはミニ楽器。
全然買うつもりなかったのだが、この6点セットで10CUC(1,250円)と言われつい。

写真

バナナ売的なアグレッシブな販売をしてくれたおにいさん。勢いに負けたなあ。

写真

素朴な素焼きの風鈴も素敵だった。

写真

壊れる心配さえなければこれ欲しかった。

写真

買うつもりまったくないが、絵画のコーナーも見ているだけで楽しい。

写真

アーティスト毎にコーナー作って売っているので、いろいろな作品を楽しめる。

写真

吊るして楽しむ木の鳥と丸い木の飾り物(店の向かって右側の入り口に積み上げられているもの)を買ったのはここ。

写真

鳥2羽と丸い板の絵3点で10CUC。
最低価格はどこも一緒のようで、2個かったら?こっちも一緒だと?と結構時間かけて交渉してみたが、ここまでだった。でも個人的にはかなり安いと思うし、これまで20日以上いろいろな店を覗いてきたが、ここが一番安かった。

写真

市場を突き抜けたところは湾。

写真

面白いベンチも発見。

写真

隣接する倉庫は高級レストランになっていた。

写真

お客さんいない時間帯でスタッフもくつろいでいる。
「あとで食べにおいでね~!」なんて声をかけてくれた。

写真

釣りをしている人達も。

え?釣りしてるように見えないって?

写真

実はこれが釣り糸。
丸い輪に釣り糸が巻きつけられていて、錘の力で釣り針を飛ばしていた。

「どうです?」

と聞くと、すくめて苦笑。





記事作成日:/最終更新日:2015年05月12日

キューバの人気観光スポット

キューバ地図
イメージ画像:ハバナ旧市街

ハバナの旧市街を散策

時間が止まったかのようなコロニアル情緒たっぷりの旧市街が魅力のハバナ。1940年台のクラシックカーも現役で多数走っており旧市街には古い建物が建ち並ぶ。
イメージ画像:バラデロのリゾート

バラデロでビーチリゾート満喫

細長い半島全体がリゾートで、オールインクルーシブの大型高級リゾートホテルが並ぶキューバ最大のビーチリゾート。ハバナ市内からもツアーも組まれている。
イメージ画像:古都トリニダー

古都トリニダー

世界遺産にも登録された旧市街が人気のトリニダー。石畳の坂道を散策し疲れたらカフェで一休み、オレンジ色の屋根越しに夕陽を眺め、夜は音楽と踊りを・・・。。
イメージ画像:サンティアゴ・デ・キューバ

サンティアゴ・デ・キューバ

東部にあるキューバ第2の都市で、キューバ革命の発端となった場所など革命史跡も多い。海賊対策として17世紀に作られたモロ要塞は世界遺産にも登録された。

関連サイト