キューバ旅行情報館

トップ » 旅行記 » 旅行記<ハバナ編>

ヘミングウェイの愛艇ピラール号が係留されていた漁村コヒマル

写真

ヘミングウェイ縁の観光スポットのうち、ヘミングウェイが住んでいた邸宅(現ヘミングウェイ博物館)と小説「老人と海」の舞台でもあり愛艇「ピラール号」を係留していた漁村コヒマルは、ハバナ郊外にある。

タクシーだとCUC20くらいとのことだったので、両方まわる日帰りツアーに参加したかったのだが、どの旅行会社のツアーデスクで聞いても「ツアーはあることはあるが、人数集まらないのでまず催行されない」との冷たいお返事。

仕方なく最終日、タクシーを1時間30CUC(3,750円)でチャーターすることに。
ガイドブックに書かれていた相場より高めだが、2台交渉してもこれ以上だめだった。雨が降ってタクシーの数も少なかったので仕方なしと妥協した。

写真

まずはコヒマル。
バラデロに行く時にも通ったハイウェイを進む。

写真

本当に小さな町だった。

写真

公園にはヘミングウェイの頭像が置かれていた。

写真

ここにも要塞。

写真

青く塗られた船着場。
ヘミングウェイもここから出航したのだろうか。

写真

海は入江になっていて、波もなく静か。

写真

観光客も、自分以外は途中で2人組が歩いてやってきたくらいだ。

写真

そこから車でちょっと行ったところに、ヘミングウェイが好きだったレストランがある。
コヒマルに来るたび立ち寄ったという「ラ・テラサ」。

愛艇ピラール号の船長も、ヘミングウェイの死後もずっとここに通っていたという。
中にはヘミングウェイの写真など飾ってあるそうだが、私が訪れた時間はまだオープン前だった。

写真

そこからヘミングウェイ博物館へ。
位置関係がわかっていなかったのだが、実はコヒマルとヘミングウェイ博物館は全然近くはなく、車で結構走った。





記事作成日:/最終更新日:2015年05月12日

キューバの人気観光スポット

キューバ地図
イメージ画像:ハバナ旧市街

ハバナの旧市街を散策

時間が止まったかのようなコロニアル情緒たっぷりの旧市街が魅力のハバナ。1940年台のクラシックカーも現役で多数走っており旧市街には古い建物が建ち並ぶ。
イメージ画像:バラデロのリゾート

バラデロでビーチリゾート満喫

細長い半島全体がリゾートで、オールインクルーシブの大型高級リゾートホテルが並ぶキューバ最大のビーチリゾート。ハバナ市内からもツアーも組まれている。
イメージ画像:古都トリニダー

古都トリニダー

世界遺産にも登録された旧市街が人気のトリニダー。石畳の坂道を散策し疲れたらカフェで一休み、オレンジ色の屋根越しに夕陽を眺め、夜は音楽と踊りを・・・。。
イメージ画像:サンティアゴ・デ・キューバ

サンティアゴ・デ・キューバ

東部にあるキューバ第2の都市で、キューバ革命の発端となった場所など革命史跡も多い。海賊対策として17世紀に作られたモロ要塞は世界遺産にも登録された。

関連サイト