キューバ旅行情報館

トップ » 旅行記 » 旅行記<ハバナ編>

ハバナ空港からエア・カナダで帰国の途へ

写真

24日間の滞在期間はあっという間に終わり、遂に帰国の朝となった。飛行機は7:55発。前日夜に宿泊していたカーサ・パルティクラルのご主人がタクシー会社に電話をしてくれ、空港まで20CUCで手配しておいてくれた。

タクシーはやはり、自分で値段交渉するより信頼できるカーサ・パルティクラルのオーナーさんにお願いするのが間違いない。暗い中を走り30分ほどで到着した。

写真

さて・・・どこでチェックインだ?と見回すと、一番端っこに長い長い列。
嫌な予感はあたり、それがエア・カナダの早朝便に乗る人達だった。

写真

行き先はトロント。

写真

バカンス疲れ・・・というよりも、南国リゾートを離れ再びダウンコートも必要な雪国カナダに戻らないといけない憂鬱感が漂う人々。私だってこのままもう少し常夏のカリブ海にいたいよ・・・。

写真

荷物はこの2つ。
民芸品市場で買ったお土産の分だけビニールバッグが増えた。

写真

朝7時前でも空港内ショップは全部空いていた。

写真

少し余った現金があるので、葉巻き購入。

写真

空港の両替窓口で換金することもできる。
日本円のレートも記載はされていたが、日本円現金の在庫があったかどうかは不明だ。

隣の窓口では25CUCの空港税を払い、航空券の後ろにスタンプを押してもらう必要がある。そのことを全く気付いていなかったのだが、ぎりぎり現金残っててよかった!近いうちに航空チケットに空港税を含むシステムに変更するそう。

追記(2015/10/27):ハバナ空港から出国する際、空港使用料25CUCは必要なくなったそうです。航空チケットに含まれるシステムになりました。2015年10月にキューバを旅行したM.Yさんからの情報です。

航空券の価格に含まれるようになったそうです。

写真

そして出国手続き。

写真

その後もおみやげ屋さんは続く。
しかも、最後の小銭消費用なのだろう。1つ1CUC(125円)のキーホルダーやブレスレッド、マグネットなどの小物がたくさん。

私も持ち帰りたくない小銭をブレスレッドに交換した。

写真

有料のインターネットコーナーも。

写真

楽しすぎたキューバ、さようなら!!!
また絶対に来たい!

+++

旅行記は以上です。
思いの外長くなり、写真にちょっと説明付けただけの手抜きレポートも多くなってしまいましたが、読んでいただき本当に感謝しております。





記事作成日:/最終更新日:2015年10月27日

キューバの人気観光スポット

キューバ地図
イメージ画像:ハバナ旧市街

ハバナの旧市街を散策

時間が止まったかのようなコロニアル情緒たっぷりの旧市街が魅力のハバナ。1940年台のクラシックカーも現役で多数走っており旧市街には古い建物が建ち並ぶ。
イメージ画像:バラデロのリゾート

バラデロでビーチリゾート満喫

細長い半島全体がリゾートで、オールインクルーシブの大型高級リゾートホテルが並ぶキューバ最大のビーチリゾート。ハバナ市内からもツアーも組まれている。
イメージ画像:古都トリニダー

古都トリニダー

世界遺産にも登録された旧市街が人気のトリニダー。石畳の坂道を散策し疲れたらカフェで一休み、オレンジ色の屋根越しに夕陽を眺め、夜は音楽と踊りを・・・。。
イメージ画像:サンティアゴ・デ・キューバ

サンティアゴ・デ・キューバ

東部にあるキューバ第2の都市で、キューバ革命の発端となった場所など革命史跡も多い。海賊対策として17世紀に作られたモロ要塞は世界遺産にも登録された。

関連サイト