キューバ旅行情報館

トップ » 旅行記 » 旅行記<準備編>

領事館でツーリストカード取得

写真

キューバに渡航する際には「ツーリストカード」なるものが必要。これは東京にあるキューバ共和国大使館領事部で購入ができる。

ガイドブックには「カンクンやメキシコ・シティやグランド・ケイマンの空港で取得することもできる(在庫がない場合があるのでおすすめはできない)」「エア・カナダを利用して入国する場合は機内でツーリストカードが配られるが、これはカナダ在住者用のためのもので、他国からの観光客は使用できないことになっている」とある。

領事館で発行してもらう場合2,100円の手数料がかかる。
リピート訪問者の口コミによると、エア・カナダ機内で配布されるツーリストカードで問題なしとのことだったのでどうするか悩んだが、やはり不安も残ったので上京ついでに大使館に行った。

キューバ大使館は都営大江戸線・赤羽橋駅から徒歩3分。

領事部は大使館から三軒隣の一階に入っている。

写真

同じ建物には犬猫病院。

写真

窓口で用紙をもらい、記入見本を参考にその場で記入。
出発日や滞在日数も書き込む。

そして4.5×3.5cmの顔写真を貼る。
同じ申請書は、事前にキューバ大使館の公式サイトで取得することも可能。

  • 申請書
  • パスポートコピー
  • 手数料2,100円

を窓口に提出し、待つこと10分ほどで、パスポート番号や名前などがタイプされたツーリストカードが手渡された。

写真

混んでいなければすぐだが、複数人分を一斉に申請する旅行代理店の人などとバッティングすると少々時間がかかるかもしれない。

写真

ツーリストカードはこんな感じ。
他の国だと、飛行機内で配られ入国審査の際に提出する「入国カード」と同じ様式で、真ん中にミシン線が入っており、片方が入国時に回収され、残りを出国時に提出する。

カーサ・パルティクラルに宿泊する際にも、パスポートとともにこのツーリストカードの半券を必ず確認された。この番号を記録する必要があるらしい。

ちなみに結論から言うと、このツーリストカードは使わなかった。
というのも、エア・カナダで行ったため機内で無記名のツーリストカードが配布され、ものは試しでそちらを使ってみたら問題なく使えてしまったからだ。

●エアカナダ機内でツーリストカード(ビザ)が配布された

そんなわけで、このツーリストカードは次回旅行用に取っておきたい。

ちなみに東京在住・在勤者でなく、直接大使館領事部に出向くことができない場合には郵送申請も可能だが、その場合手数料が一気に値上がりし5,600円。旅行代理店で代行申請する場合にも同額の手数料がかかる。

自分は一人分でかつ大使館に平日出向くことができたので、「2,100円なら無駄になってもいいや」と思えたが、家族4人で郵送申請もしくは代理申請しなくてはいけないとなると2万円以上かかることになり、結構悩むだろうなあ。





記事作成日:/最終更新日:2015年04月09日

キューバの人気観光スポット

キューバ地図
イメージ画像:ハバナ旧市街

ハバナの旧市街を散策

時間が止まったかのようなコロニアル情緒たっぷりの旧市街が魅力のハバナ。1940年台のクラシックカーも現役で多数走っており旧市街には古い建物が建ち並ぶ。
イメージ画像:バラデロのリゾート

バラデロでビーチリゾート満喫

細長い半島全体がリゾートで、オールインクルーシブの大型高級リゾートホテルが並ぶキューバ最大のビーチリゾート。ハバナ市内からもツアーも組まれている。
イメージ画像:古都トリニダー

古都トリニダー

世界遺産にも登録された旧市街が人気のトリニダー。石畳の坂道を散策し疲れたらカフェで一休み、オレンジ色の屋根越しに夕陽を眺め、夜は音楽と踊りを・・・。。
イメージ画像:サンティアゴ・デ・キューバ

サンティアゴ・デ・キューバ

東部にあるキューバ第2の都市で、キューバ革命の発端となった場所など革命史跡も多い。海賊対策として17世紀に作られたモロ要塞は世界遺産にも登録された。

関連サイト