キューバ旅行情報館

トップ » 旅行記 » 旅行記<準備編>

短期スペイン語学校に申し込む

写真

今回3月2日~25日まで24日間もキューバ滞在するので、前半のハバナ滞在ではスペイン語学校に二週間だけ通うことにした。選んだのはシュプラッハカフェ。アメリカやヨーロッパ、中国やモロッコにも学校があり、スペイン語だけでなく7言語を教えている語学学校だ。


1週間から受講でき、休暇を利用した短期語学学習に利用可能とのことで、自分のニーズにぴったりだった。

●シュプラッハカフェ キューバ留学

スペイン語スタンダードコース/2週間コースは、宿泊施設なしで308ユーロ(132円換算で約4万円)。

ゲストハウス1人部屋の宿泊費も込みだと912ユーロ(約12万円)になる。カーサ・パルティクラルに泊まれば1人部屋で一日約3,000円、12日間で36,000円で済むことを考えると、宿泊は自分で手配したほうがはるかにお得だ。

オプションでサルサレッスンなどもある。

公式サイトには日本語の丁寧な説明があり、日本に事務所があるためメールやり取りも日本語で問題ない。私はかなり直前に申し込んだため、授業料の入金や入学許可書などに関し何度か担当者とメールで連絡とらせてもらったが、返信も非常に早く、しっかり対応してくれた。

実際の学校の様子などは別記事でレポートしているので、興味ある方は是非。

●スペイン語学校「シュプラッハカフェ」
●2週間のスペイン語学校生活が終わった
●キューバで野球観戦!





記事作成日:/最終更新日:2015年04月09日

キューバの人気観光スポット

キューバ地図
イメージ画像:ハバナ旧市街

ハバナの旧市街を散策

時間が止まったかのようなコロニアル情緒たっぷりの旧市街が魅力のハバナ。1940年台のクラシックカーも現役で多数走っており旧市街には古い建物が建ち並ぶ。
イメージ画像:バラデロのリゾート

バラデロでビーチリゾート満喫

細長い半島全体がリゾートで、オールインクルーシブの大型高級リゾートホテルが並ぶキューバ最大のビーチリゾート。ハバナ市内からもツアーも組まれている。
イメージ画像:古都トリニダー

古都トリニダー

世界遺産にも登録された旧市街が人気のトリニダー。石畳の坂道を散策し疲れたらカフェで一休み、オレンジ色の屋根越しに夕陽を眺め、夜は音楽と踊りを・・・。。
イメージ画像:サンティアゴ・デ・キューバ

サンティアゴ・デ・キューバ

東部にあるキューバ第2の都市で、キューバ革命の発端となった場所など革命史跡も多い。海賊対策として17世紀に作られたモロ要塞は世界遺産にも登録された。

関連サイト