キューバ旅行情報館

トップ » 旅行記 » 旅行記<準備編>

エアカナダ機内でツーリストカード(ビザ)が配布された

写真

今回、事前に東京のキューバ領事館に行きツーリストカードを発行してもらった。これはビザと同じもので、観光目的で30日以上滞在する場合、入国の際に必要となる。ビザと出入国カードを兼ねたようなものだ。

<東京のキューバ領事館で受け取る>

写真

キューバ領事館に直接行く場合には2100円の手数料が必要。
パスポートとそのコピー、4.5✕3.5cmの顔写真を一枚持って行き、領事館に備え付けの申請書を書いて提出すれば、10分ほどですぐ発行される(混んでいる場合はもう少し時間かかると思うが)。

東京以外に住んでいる場合や平日動きにくい場合には、郵送もしくは旅行代理店に代行してもらうこともできるが、その場合は手数料が5600円となぜか跳ね上がる。

<エアカナダ機内でのツーリストカード無料配布>

ガイドブックやネット上の体験談でも読んで知っていたのだが、トロント発ハバナ行きのエアカナダ機内で、全員にツーリストカードが配布された。どの航空会社でも到着前に税関申請書と一緒に出入国カードが配布されるが、あんな感じだ。

カナダ人だけ対象ということでもないようで、私にも普通に配布された。

これでも問題ないという体験談が多かったのだが、万が一を考えて自分はキューバ領事館で2100円の手数料を払ってもらってきた。
さあどっちを使う? 機内で配布されたツーリストカードでも問題ないのか?

写真

物は試しということで、機内で配布されたツーリストカードに名前やパスポート番号を書き込み、出国審査の時にパスポートと一緒に提出した。

結論、何も問題なし。

ツーリストカードに特に期限はないので、領事館で発行してもらったものは次回にとっておいてもいい。

「なんだじゃあ別に領事館で発行してもらわなくてもいいのか」

と思うかもしれないが、ガイドブックには「これはカナダ在住者用のためのもので、他国からの観光客は使用できないことになっている」との記載もあった。自分は「エアカナダ機内配布のツーリストカードで問題ない」というネットの書き込みを見ていたものの、やはり心配だったので領事館に足を運んだ。

ちなみに仮に飛行機の中で配布されなくても、ハバナ空港についてから「失くしてしまった/忘れてしまった」などの理由で新たに手数料払ってツーリストカードを入手することができるという情報もある。

事前に領事館に行ってツーリストカードを取得しておくか、それとも機内もしくは現地調達でよしとするか。
どっちの判断をするかは、自己責任ということで。





記事作成日:/最終更新日:2015年04月09日

キューバの人気観光スポット

キューバ地図
イメージ画像:ハバナ旧市街

ハバナの旧市街を散策

時間が止まったかのようなコロニアル情緒たっぷりの旧市街が魅力のハバナ。1940年台のクラシックカーも現役で多数走っており旧市街には古い建物が建ち並ぶ。
イメージ画像:バラデロのリゾート

バラデロでビーチリゾート満喫

細長い半島全体がリゾートで、オールインクルーシブの大型高級リゾートホテルが並ぶキューバ最大のビーチリゾート。ハバナ市内からもツアーも組まれている。
イメージ画像:古都トリニダー

古都トリニダー

世界遺産にも登録された旧市街が人気のトリニダー。石畳の坂道を散策し疲れたらカフェで一休み、オレンジ色の屋根越しに夕陽を眺め、夜は音楽と踊りを・・・。。
イメージ画像:サンティアゴ・デ・キューバ

サンティアゴ・デ・キューバ

東部にあるキューバ第2の都市で、キューバ革命の発端となった場所など革命史跡も多い。海賊対策として17世紀に作られたモロ要塞は世界遺産にも登録された。

関連サイト