キューバ旅行情報館

トップ » 旅行記 » 旅行記<サンティアゴ・デ・クーバ編>

ラム酒博物館

写真

ラム酒作りが始まったのはサンティアゴ・デ・クーバ。
「バカルディ」は有名なプエルト・リコのラム酒だが、元々はスペインからキューバに移住してきたワイン商であるバカルディがサンティアゴ・デ・クーバでラム酒作りを作り始めたブランド。キューバ革命後は本社を移し、プエルトリコなどに蒸留所を置いている。

そんなことから、サンティアゴ・デ・クーバには、「バカルディ博物館」と「ラム酒博物館」がある。
セスペデス広場からも近く、ラム酒の歴史や製造方法など展示しているのがラム酒博物館だ。

写真

建物の前にはサトウキビ。

写真

古い蒸留の道具も展示されている。

写真

瓶詰めの機械など。
解説がないとちょっとわからないものも多いが、まあハバナのラム酒博物館のガイドツアーに参加すれば詳しく学べるので。

写真

革命でバカルディが国外に移った後、キューバでは「ハバナ・クラブ」というブランドに変わった。

写真

ハバナ・クラブのラインナップいろいろ。

写真

サンティアゴ・デ・クーバという名前のラム酒もある。

写真

ラム酒試飲コーナーも。

写真

Ron Castillo(カスティーリョ・ラム)のラベルも。
これも以前キューバで製造していたラム酒なのだろうか。

写真

バカルディ時代のものもいろいろ。

写真

写真

サンティアゴ・デ・クーバでラム酒産業の発展に関わった人達。





記事作成日:/最終更新日:2015年05月07日

キューバの人気観光スポット

キューバ地図
イメージ画像:ハバナ旧市街

ハバナの旧市街を散策

時間が止まったかのようなコロニアル情緒たっぷりの旧市街が魅力のハバナ。1940年台のクラシックカーも現役で多数走っており旧市街には古い建物が建ち並ぶ。
イメージ画像:バラデロのリゾート

バラデロでビーチリゾート満喫

細長い半島全体がリゾートで、オールインクルーシブの大型高級リゾートホテルが並ぶキューバ最大のビーチリゾート。ハバナ市内からもツアーも組まれている。
イメージ画像:古都トリニダー

古都トリニダー

世界遺産にも登録された旧市街が人気のトリニダー。石畳の坂道を散策し疲れたらカフェで一休み、オレンジ色の屋根越しに夕陽を眺め、夜は音楽と踊りを・・・。。
イメージ画像:サンティアゴ・デ・キューバ

サンティアゴ・デ・キューバ

東部にあるキューバ第2の都市で、キューバ革命の発端となった場所など革命史跡も多い。海賊対策として17世紀に作られたモロ要塞は世界遺産にも登録された。

関連サイト