キューバ旅行情報館

トップ » 旅行記 » 旅行記<サンティアゴ・デ・クーバ編>

ビアスールバス停

写真

サンティアゴ・デ・クーバのビアスールのバスターミナルは、革命広場のすぐ近くにある。旧市街までは3キロほどで、かつ大通りなので歩けないことはないが、夜は人気がなさすぎ、日中は暑すぎるので自転車タクシーを使ったほうがいいだろう。

路線バスもある。日中にチケットを買うためターミナルに向かった際は、バス停で「革命広場に行くか?」と聞きまくって乗った。
ハバナ同様、0.05CUC(約6円)コインがあればそれでOK。

写真

こんなバスも結構走っていた。

写真

深夜に出発するバラコア行きバスに乗るため、夜再びバスターミナルへ。
スタッフが野球を夢中になって見ていた。

写真

そしてバラコア行きのバス。
前日にカマグウェイから乗ってきたものと同じだ。

なかなか濃い~24時間だった。





記事作成日:/最終更新日:2015年05月08日

キューバの人気観光スポット

キューバ地図
イメージ画像:ハバナ旧市街

ハバナの旧市街を散策

時間が止まったかのようなコロニアル情緒たっぷりの旧市街が魅力のハバナ。1940年台のクラシックカーも現役で多数走っており旧市街には古い建物が建ち並ぶ。
イメージ画像:バラデロのリゾート

バラデロでビーチリゾート満喫

細長い半島全体がリゾートで、オールインクルーシブの大型高級リゾートホテルが並ぶキューバ最大のビーチリゾート。ハバナ市内からもツアーも組まれている。
イメージ画像:古都トリニダー

古都トリニダー

世界遺産にも登録された旧市街が人気のトリニダー。石畳の坂道を散策し疲れたらカフェで一休み、オレンジ色の屋根越しに夕陽を眺め、夜は音楽と踊りを・・・。。
イメージ画像:サンティアゴ・デ・キューバ

サンティアゴ・デ・キューバ

東部にあるキューバ第2の都市で、キューバ革命の発端となった場所など革命史跡も多い。海賊対策として17世紀に作られたモロ要塞は世界遺産にも登録された。

関連サイト