キューバ旅行情報館

トップ » 旅行記 » 旅行記<トリニダー編>

バラデロからトリニダーへ向かうバスで日本人バックパッカーと出会う

写真

バラデロには2泊し、長距離バス「ビアスール」でトリニダーに向かった。

元々はリゾートホテル一泊の予定だったのだが、バラデロからトリニダーに向かうバスは一日一便だけで、朝7:30バラデロ発、トリニダー着が14:05。せっかくオールインクルーシブのホテルに泊まるのに、朝食も食べずにチェックアウトはあまりにもったいないよなと思い、カーサ・パルティクラルに泊まれることを確認した時点で予約を変えた。

それに伴い、ハバナで予約したトリニダー行きバスチケットの日時変更も必要となったが、これはバスターミナルの事務所ですぐやってくれ、手数料5CUC(625円)払うだけで済んだ。ちなみにバラデロ→トリニダーは20CUC(2500円)。

写真

国土が東西に長いキューバは、移動するにつれ車窓の風景もどんどん変化して面白い。
都市部はかなり小さく、走りだすとすぐにのどかな農村風景が広がり、放牧で育てられている牛がのんびり草をはんでいたり、交通手段としてばりばり現役な馬に乗る人の姿もあちこちで見かけた。

写真

ハイウェイ沿いの休憩はいつもこんな感じのカフェテリア。
飲食メニューの価格もCUC建てでかなり高めなので、ビアスールで移動する外国人旅行者向けの施設なのだろう。

写真

キューバといえば砂糖。
さとうきび畑も広がる。

写真

所要時間6時間半で、途中何箇所か大きな街のバスターミナルにも停まった。

多くの人が降りたこの場所は、確かサンタ・クララ。
だとしたら、郊外にチェ・ゲバラ霊廟があるところだ。

写真

今回自分は立ち寄らなかったけど、とてもきれいな街だった。

写真

ハバナ市内では確か見かけなかった気がするが、他都市ではこのタイプのバスもたくさん走っていた。窓はガラスがなく柵。日本だと牛などの動物を運送するのに使うタイプのに似ている。

写真

そして終点・古都トリニダーに到着。
実はサンタ・クララから乗ってきた、見事に日焼けしたアジアンビューティーが、話してみたら長期中南米を旅行中の日本人女性。グアテマラで語学学校に通いながら生活していた話や他の国でのエピソードなどがあまりに面白すぎ、そんな話を聞いていたらあっという間についてしまった。

写真

バスターミナルの出口には、カーサ・パルティクラルの客引きがたくさん。
特に決めているところもなかったので、良さそげな宿を見せてもらうことにして一緒にバスターミナルを出た。

写真

ちなみに地元キューバ人向けのオムニバス(料金がはるかに安い)も同じバスターミナル。





記事作成日:/最終更新日:2015年04月09日

キューバの人気観光スポット

キューバ地図
イメージ画像:ハバナ旧市街

ハバナの旧市街を散策

時間が止まったかのようなコロニアル情緒たっぷりの旧市街が魅力のハバナ。1940年台のクラシックカーも現役で多数走っており旧市街には古い建物が建ち並ぶ。
イメージ画像:バラデロのリゾート

バラデロでビーチリゾート満喫

細長い半島全体がリゾートで、オールインクルーシブの大型高級リゾートホテルが並ぶキューバ最大のビーチリゾート。ハバナ市内からもツアーも組まれている。
イメージ画像:古都トリニダー

古都トリニダー

世界遺産にも登録された旧市街が人気のトリニダー。石畳の坂道を散策し疲れたらカフェで一休み、オレンジ色の屋根越しに夕陽を眺め、夜は音楽と踊りを・・・。。
イメージ画像:サンティアゴ・デ・キューバ

サンティアゴ・デ・キューバ

東部にあるキューバ第2の都市で、キューバ革命の発端となった場所など革命史跡も多い。海賊対策として17世紀に作られたモロ要塞は世界遺産にも登録された。

関連サイト