キューバ旅行情報館

トップ » 旅行記 » 旅行記<トリニダー編>

古都トリニダー散策

写真

トリニダーは「古都」として多くの観光客を惹きつけている。街が作られたのは16世紀。その後サトウキビプランテーションの拠点として繁栄し、奴隷制度が廃止されると次第に衰退し、昔のままの街並みがそのまま残ったのだとか。

写真

小さな町なんだけど坂も多く、そして石畳の道が続く。
高い建物などもなく、ハバナ旧市街とは全く違った雰囲気を漂わせる街だ。

ただここも・・・

写真

中心エリアは外国人観光客だらけ。
この写真に写っている人も、中央の女子学生を除くとほとんどカナダ・ヨーロッパから来ている人達だと思う。

写真

街の中心はマヨール広場。

写真

広場を博物館が取り囲む。
この博物館となっている建物も、修復して外壁もきれいに塗装されているが、元々は18世紀に建てられた農場主などの邸宅が使われていたりする。

写真

マヨール広場に面して建つサンティシマ教会。

写真

教会の横には幅広い階段があり、ここがカフェになっている。
途中の踊り場状態のところに小さな舞台があり、夕方からはいくつものバンドが交代で演奏する「カサ・デ・ラ・ムシカ」という屋外ライブスポットになり盛り上がる。

写真

長い坂道。
遠くに水平線が見える。

元々は海沿いに街が作られていたが、海賊の襲撃などあり高台に移したそう。

「車は走っていないのか?」

と思うかもしれないが、そんなことはなく、タクシーも走るし、水不足なのか給水車もひっきりなしに走っていた(坂のため給水車が走るとタンクから水が溢れて道が濡れる)。

写真

露店が立ち並ぶ路地も。
白いテーブルクロス的な布がはためいているが、これがトリニダーの特産品。

写真

「ファゴッティング」と呼ばれるもので、布から糸を引き抜いて透けた模様を浮かび上がらせているものだ。販売しながらその横で実際に作っている女性も多い。刺繍は布に糸を縫い付けていくものだが、その逆。なかなか地味で根気のいる作業に思えた。

写真

ハバナ旧市街同様、ここも古い建物の修復作業が進められている。
床も天井も抜け落ちてしまっており、修復といいつつ、元の建物は外壁のみで中身はほとんど新しい素材になるという点では、キューバのクラシックカーと同じ(外側は50年台のアメ車だけど、中身はほとんど韓国&中国メーカーの部品に置き換わっているらしい)。

写真

もちろんここでもレトロなフォルムのクルマがばりばり現役だ。

写真

トリニダーは、特別何かを観光するというより、やはりぶらぶら街中散策が基本。
日中はかなり暑いが、夕方になると気持ち良い風も吹き始め、過ごしやすくなる。

写真

そして石畳風景もまた夕刻モードに変わる。

写真

写真

写真

そして日没。





記事作成日:/最終更新日:2015年04月09日

キューバの人気観光スポット

キューバ地図
イメージ画像:ハバナ旧市街

ハバナの旧市街を散策

時間が止まったかのようなコロニアル情緒たっぷりの旧市街が魅力のハバナ。1940年台のクラシックカーも現役で多数走っており旧市街には古い建物が建ち並ぶ。
イメージ画像:バラデロのリゾート

バラデロでビーチリゾート満喫

細長い半島全体がリゾートで、オールインクルーシブの大型高級リゾートホテルが並ぶキューバ最大のビーチリゾート。ハバナ市内からもツアーも組まれている。
イメージ画像:古都トリニダー

古都トリニダー

世界遺産にも登録された旧市街が人気のトリニダー。石畳の坂道を散策し疲れたらカフェで一休み、オレンジ色の屋根越しに夕陽を眺め、夜は音楽と踊りを・・・。。
イメージ画像:サンティアゴ・デ・キューバ

サンティアゴ・デ・キューバ

東部にあるキューバ第2の都市で、キューバ革命の発端となった場所など革命史跡も多い。海賊対策として17世紀に作られたモロ要塞は世界遺産にも登録された。

関連サイト