キューバ旅行情報館

トップ » 旅行記 » 旅行記<トリニダー編>

トリニダー市立歴史博物館

写真

同じくマイヨール広場の少し南にあるのがトリニダー市立歴史博物館。

写真

地球の歩き方によると「奴隷を使ってサトウキビ農園を営み巨万の富を得た」イスナガ夫妻もしくは婦人がその後再婚した砂糖王の邸宅らしい。

写真

入場料は2CUCと安めだが、カメラを持ち込むならプラス1CUC、ビデオは5CUC追加となる。右側の「M.N.」はキューバ人向けの料金で、入場料は2ペソなので外国人の25分の1。ただしカメラとビデオ持ち込みをすると入場料の10倍以上払う必要がでてくる。富裕層はしっかり払えということなのだろう。

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

写真

ここが実は塔にあがるための階段になっている。

写真

狭くてかなり急。

写真

あがるとそこは土産物ショップになっていた。

写真

いい眺め!
赤い屋根が続き、街が切れるあたりでは野焼きの煙があがっている。

写真

そして南側は海も見えた!
もともとは海沿いにあったが、度重なる襲撃を避けて内陸部に街を移していったそう。

写真

さらに上へ。

写真

ここが一番上の展望テラス。

写真

のどかな風景。
昔から変わらぬ眺めなのだろう。

写真

奥に見えるクリーム色の塔をもつ建物は革命博物館だ。

写真

上から見ても小さなマイヨール広場。

写真

登るより降りるほうが大変。
この階段のステップの狭さ、わかるだろうか。





記事作成日:/最終更新日:2015年05月02日

キューバの人気観光スポット

キューバ地図
イメージ画像:ハバナ旧市街

ハバナの旧市街を散策

時間が止まったかのようなコロニアル情緒たっぷりの旧市街が魅力のハバナ。1940年台のクラシックカーも現役で多数走っており旧市街には古い建物が建ち並ぶ。
イメージ画像:バラデロのリゾート

バラデロでビーチリゾート満喫

細長い半島全体がリゾートで、オールインクルーシブの大型高級リゾートホテルが並ぶキューバ最大のビーチリゾート。ハバナ市内からもツアーも組まれている。
イメージ画像:古都トリニダー

古都トリニダー

世界遺産にも登録された旧市街が人気のトリニダー。石畳の坂道を散策し疲れたらカフェで一休み、オレンジ色の屋根越しに夕陽を眺め、夜は音楽と踊りを・・・。。
イメージ画像:サンティアゴ・デ・キューバ

サンティアゴ・デ・キューバ

東部にあるキューバ第2の都市で、キューバ革命の発端となった場所など革命史跡も多い。海賊対策として17世紀に作られたモロ要塞は世界遺産にも登録された。

関連サイト