キューバ旅行情報館

トップ » 旅行記 » 旅行記<トリニダー編>

トリニダーの屋外ライブスペース「カサ・デ・ラ・ムシカ」

写真

トリニダーの中心地マヨール広場の東にある幅広い階段。
日中も散策の途中で一休みする観光客で賑わっているのだが・・・

写真

夕方が近づいてくるにつれ、どんどん人が増えてくる。
テーブルと椅子が置かれているこの踊り場部分だけでなく、上下の階段も人でいっぱいになる。

半日の観光を終えた後、バスで一緒になったスペイン語ペラペラの日本人女性バックパッカー&アメリカ人女性と待ち合わせ、「まだお腹も空いてないし」とこのカフェスペースに。

写真

日が沈んだ頃になると・・・

写真

この階段の途中に作られた舞台にバンドが立つ。
その音楽に引きつけられるように、次から次に観光客がやってきて、階段の途中や登り切ったところにある店でビールやカクテルを買い、階段に座ってくつろぐ。

写真

そして舞台前ではダンスが!
ピンク色のシャツを着ているのは今日バスで会い、一緒にここに来た日本人女性。

「いやー、日本人は踊れないのよ」

と誘われるたび言い続けていたけど、彼女の見事すぎる踊りを見て、その発言を完全封印しようと思った。素晴らしかった。

写真

バンドはしばし演奏した後、交代する。
メンバーが途中や演奏後にまわってくるのでチップは必要だが、ビールや他の飲み物の外国人高級レストランほどは高くないし、リーズナブルにキューバ音楽を堪能できる場所だ。

写真

もちろん踊れたらもっと楽しい!

写真

トリニダーの夜を二晩ご一緒させてもらった方々。

写真

こんな大人数のバンドも。

写真

楽しかったので翌日も。
夜20時以降にこの場所に入るには、1CUCのミュージックチャージが必要になる。
(その前からずっと入っている場合には不要)

写真

日中の観光列車で一緒だったドイツ人女性ともここで再開。

写真

22時頃には階段もびっしり人で埋まる。
情熱的な音楽とダンス、そして心地よい風が吹くなかでゆっくり夜が更けてゆく。

いやー、トリニダーは楽しい!!!
そして楽しく踊れるようになりたいなとここで真剣に思った。





記事作成日:/最終更新日:2015年04月09日

キューバの人気観光スポット

キューバ地図
イメージ画像:ハバナ旧市街

ハバナの旧市街を散策

時間が止まったかのようなコロニアル情緒たっぷりの旧市街が魅力のハバナ。1940年台のクラシックカーも現役で多数走っており旧市街には古い建物が建ち並ぶ。
イメージ画像:バラデロのリゾート

バラデロでビーチリゾート満喫

細長い半島全体がリゾートで、オールインクルーシブの大型高級リゾートホテルが並ぶキューバ最大のビーチリゾート。ハバナ市内からもツアーも組まれている。
イメージ画像:古都トリニダー

古都トリニダー

世界遺産にも登録された旧市街が人気のトリニダー。石畳の坂道を散策し疲れたらカフェで一休み、オレンジ色の屋根越しに夕陽を眺め、夜は音楽と踊りを・・・。。
イメージ画像:サンティアゴ・デ・キューバ

サンティアゴ・デ・キューバ

東部にあるキューバ第2の都市で、キューバ革命の発端となった場所など革命史跡も多い。海賊対策として17世紀に作られたモロ要塞は世界遺産にも登録された。

関連サイト