エジプト旅行情報館

エジプト旅行情報館


Powered by
Movable Type

ムハンマド・アリ・モスク

写真カイロでどの風景が好き?と言われたら、日没時のムハンマド・アリ・モスクと答える自分。

眼下にはどこか煙った大都市カイロ。
ナイル川と西岸エリアの向こうには広い砂漠が横たわっていて、地平線にはピラミッドのシルエット。


そこに夕日が沈むと、シタデル(ムハンマド・アリ・モスクなどがある一帯)のすぐ下にたくさんあるモスクの緑の明かりがついた尖塔から、一斉にアザーンが響きあがってくる。

21歳で最初にエジプトに来た時には、「この風景を自分、見たくてここに来たんだ」って思ったほど好き。

写真

今回は午前中だったので、残念ながら日没風景は見れないものの、ムハンマド・アリ・モスクは非常に見ごたえのある建築物だ。

写真

緑の民族衣装をまとった観光客。

・・・ではもちろんなく、ノースリーブシャツとか短パンとか、肌露出の多い女性観光客の場合、この緑のマント(?)着用が義務付けられる。

自分たちのグループは、REIKA先生の事前注意もあって、長そでに裾の長いスカートやズボンの人が大半だったけど、ひとり、少しパンツが短めというだけで「マント組」になってしまった若い女の子もいた。

写真

モスクで建物の上部などよく見ると、実に細やかな装飾が施されていることがわかる。
そして、複雑な唐草模様のように絡み合ったアラビア語の文字(コーランの一節)が刻まれている。

アラビア語は、漢字圏同様「書道」があり、文字はそのまま芸術作品になる。

写真

屋根がドームになっているので非常に天井が高い。
ステンドガラスの窓も、天井からつり下がったシャンデリアも見事だ。

写真

ごろんと横たわって天井を見上げる人も多い。
一般のモスクだと、真面目に礼拝している人も多く、異教徒である観光客は非常に気を使うが、ここは観光名所化しているので、比較的くつろげる。

写真

こんな感じで♪

写真

ムハンマド・アリ・モスクに隣接する広場から眺めたカイロ市。
写真拡大すると、真ん中あたりの地平線に、3つのピラミッドが見えるはず。

▲このページの一番上に戻る

作成 2008年8月22日 21:42  | エジプト旅行記(2008年) | C (0) | TB (0)
次の記事 ひとり旅が始まりました
前の記事 エジプト料理食べるなら「フェルフェラ」
トップページに戻る トップページに戻る

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://awd.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/768

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)