エジプト旅行情報館

エジプト旅行情報館


Powered by
Movable Type

ラマダーンの夜を初体験!

写真エジプトのラマダーンってどんななんだろう?

ギリシャから戻ってきた日、ホテルで仮眠取っていたら夜になってしまった。昼夜逆転というから、21時半過ぎてるけど外出しても大丈夫だろう。

・・・と思ってアタバ方面へ。


すごい人出だ!!!

写真

入ったジュース屋さんで、マンゴージュースを頼む。
外国人旅行者と知って、店員の男の子がアシール・アサブ(さとうきびジュース)を無料でもう一杯くれた。

写真

気前いいなあ。
ラマダーンだからだろうか?

人から、通りから、街全体から、確かになにか、お祭りのような高揚感を感じる。

写真

アタバの家電街が拡大したのかと思っていたら、ほとんどが携帯関連ショップ。携帯本体の他、はめ換えて使うカバーなど販売している。

写真

細い路地だと爆竹がばんばん鳴らされていてちょい怖いので、アズハル通りにでてきたんだけど、こっちも人が多すぎてなんだか危なっかしい。

最後は真ん中の中央分離帯のところを歩いた。
ここが一番安全だ。

写真

ハンハリーリまで歩いてきて、フセインホテルの最上階にあるレストランに行くことにした。
前に来た時に一度立ち寄ったことがある。

写真

普通のホテルなんだけど、カフェレストランは誰でも入れる。
入口のところに英語で書かれたメニューも掲示されている。

写真

室内のレストランだと思っていたら、
通されたのは屋上。

しかも建物のへりの柵が特になく、単に装飾ブロックがあるだけなので、見晴らしよすぎだ(ちと怖いけど・・・日本だったらありえないよなあ)。

下を見ると、電飾の下に人がたくさん歩いている。

写真

そしてライトアップされたモスクも。
アズハルやその向こうにたくさんあるモスクが一望できる。

写真

注文したのは紅茶。
ここ、穴場だなあ。

今度ハンハリーリとか歩いていて疲れたら、ここにこよう。

写真

おなかがすいたので、ライス・ウィズ・ミートというのも注文。
ただこれはちと失敗。

バターライスにミートソースみたいなのがかかっているだけ。
おいしいちゃおいしいんだけど、期待していたのとは違った。

(もうちょっとちゃんとした食べ物かと)

写真

そして地上に降りる。
フセイン広場にはたくさんの家族連れなどが来ていて、にぎわっている。

ラマダーンや他のイード(お祭り)の時には、フセインモスク周辺はすごいことになるんだとか。時間遅いので(この時23時半くらい)少しは落ち着いていたみたいだけど、アズハル通りは10mごとくらいに警官がたって、歩行者が道路にはみださないよう監視していた。

写真

この建物の最上階が、フセインホテルの最上階レストラン。
そして奥のほうに、自分が紅茶を飲んでいた屋上カフェがある。

写真

警備任務から撤収しようとしている警官隊。
ドーベルマンまで出動していた。

写真

フセインモスク前には、大きな天幕。

写真

そして、いつもは外国人観光客の姿も多いカフェ。
この奥がハンハリーリになる。

普段の倍くらいの広さに椅子とテーブルが並べられ、座っているのもみな地元の家族・親戚グループといった感じだ。こんな風景初めて見た!!!

写真

いやすごい!
確かにラマダーンの夜は「お祭り」なのだと実感できた。

写真

夜0時過ぎても、まだ渋滞は続いていた。

写真

買い物客もたくさん!

写真

ちょっと帰り道を間違えて、ムハンマド・ナギーブ駅からメトロに乗って帰ってきた。1時にもかかわらず

写真

駅は普段通り。

写真

本当に皆遅くまで街にでているんだなあと。

写真

夜食は途中で買ってきたターメイヤサンドイッチ。
人でにぎわっていたお店なんだけど、ペーストたっぷり入ってて確かにおいしかった。

▲このページの一番上に戻る

作成 2008年9月 5日 22:16  | エジプト旅行記(2008年) | C (0) | TB (0)
次の記事 イスラム地区散策~イッ・サイエダ・ゼイナブ・モスク/イブン・トゥールーン・モスク
前の記事 カイロ空港という壁
トップページに戻る トップページに戻る

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://awd.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/785

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)