エジプト旅行情報館

エジプト旅行情報館


Powered by
Movable Type

アラビア語のTシャツを買う

写真旅行中はほとんどお土産を買っていなかったので(郊外のショッピングモール「シティ・スターズ」で食材買ったくらい)、帰国前日にまとめて買い出しにでかけた。

向かった先はアタバからハンハリーリの間のムスキ通り。


写真

・・・をずっと直進して、ハンハリーリへ。
フセイン広場にでてきてびっくり。

いつも外国人観光客などでにぎわうカフェは、店の前のテーブルや椅子を片付けてしまっている。
店の奥を見ると、中の狭いところでペプシとか飲んでいる人もいるが、やはり外国人の多い店とはいえ、フセインモスク前ではラマダーンの日中、大々的な営業はしないんだな。

(当たり前ちゃ当たり前なんだけど)

写真

何軒かで「アラビア語のTシャツが欲しい」と聞いていたのだがなく、最後に尋ねた人は「知ってる」といって、香水ガラス瓶のお店に引っ張っていった。「違うじゃん!」と抗議すると、二階にあがれという。細いらせん階段登ったところはお店の倉庫っぽくなっていて、箱いっぱいにアラビア語Tシャツが入っていた。

どこ行っても見つからなかったのにこんなところに!!!

ところがこの少年がなかなか手ごわい。
他の店では取り扱っていないこと、自分が欲しがっていることを前提に、1枚35ポンドから全然値引きしない。

写真

Tシャツは色もデザインも結構種類があり、
作りも悪くない。

これは「私はエジプト人です。外国人ではありません」と書かれている。

エジプトを旅行してない人には意味不明だが、
ピラミッド周辺を中心に、外国人観光客のまわりに大量の「お土産物売り」「ラクダツアー売り込み」などが“たかる”ように群がってきて、ノーサンキューと言い続けても、袖とか引っ張って、もう大変なのだ。

自分などは、「ノーサンキュー」すらいわず、完全無視でぐいぐい歩いていくので、そうすると割とあっさりかわせるのだが、慣れていないと、つい立ち止まってしまったり、困った笑顔浮かべながら「アイ・ドント・ワント・・・」とか言い始めちゃうと、カモ候補になってしまう。

写真

これは「アラビア語で話しかけて」と書かれている。

他には「ムシュ・アイザ」(欲しくありません)Tシャツなど。

どれも、エジプト国内を観光している人が着て、現地のエジプト人から笑いをとるためのTシャツって感じだが、なかなか面白い。個人旅行者なら、これを着てエジプトまわっていたら、あちこちで面白いコミュニケーションとれる気がする(会話のきっかけにはなるはず)。

結局、3枚買って90ポンド(2700円)。

1枚につき5ポンドしか値引きさせられなかったけど、他で扱っている店を探せなかったのだから仕方ない。でもいいお土産だ。

▲このページの一番上に戻る

作成 2008年9月13日 23:00  | エジプト旅行記(2008年) | C (0) | TB (0)
次の記事 アラビア語の数字の文字盤の腕時計
前の記事 洗顔・スキンケアグッズその他
トップページに戻る トップページに戻る

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://awd.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/817

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)