シルクロード旅行情報館

シルクロード旅行情報館


Powered by
Movable Type

船旅に挑戦!

写真島国日本から周辺国へのフェリー航路は、実は結構ある。博多の企業が、忘年会で焼肉を食べに船で釜山・・・という話は有名だけど、他にロシアとか中国へ渡る定期航路がある。

学生時代から気になっていた中国への航路。
せっかくなんで、次に中国へ行く時には、大阪から船で上海へ行ってみたい。

関西方面から4つの航路

残念なことに、横浜発というのは今はないみたいだ。
ガイドブックによると、下記の4航路。

新鑑真号
中日国際輪
渡有限公司
大阪
or神戸
上海火12:00出港
木8:30~12:00着
2等:20,000円
1等:25,000円
特別室:40,000円
貴賓室:100,000円(2名)
蘇州号
上海フェリー
大阪上海金12:00出港
日9:00~16:00着
2等:20,000円~
1等:25,000円
特等:37,000円~
貴賓室:100,000円(2名)
燕京号
チャイナエクス
プレスライン
神戸天津金11:30出港
日14:00着
2等:22,000円~
1等:25,000円~
特1等:28,000円~
特別室:70,000円(2名)
ゆうとぴあ号
オリエントフェリー
下関青島水・土13:00出港
翌日16:00着
2等:15,000円~
1等:19,000円
特等:25,000円
スイート:60,000円(2名)

・片道料金(往復だと割引がある)
・燕京号はオフシーズン(7/2~9/28を除く)の運賃
・その他、学生割引などがある
・正確な運賃やスケジュールは、各会社の公式サイトでご確認ください(上記は間違っている可能性もあります)


所要時間は丸2日

到着時間は、日によってちょっと違うものの、
新鑑真号は、火曜日の12:00に出港して、到着するのが木曜日の8:30~12:00頃。その他、蘇州号や燕京号も、だいたい丸2日だ。

飛行機であれば、関西空港─上海は2時間~2時間半なので、かなり時間がかかる。
ただ、のんびり船旅ってのも、毎回は飽きるけど、たまには面白いかなと。
(・・・と書きつつ、自分が経験した最長は、東京─四国の丸1日ちょいだけ)


飛行機と比べ、特別安いわけではない

今、航空料金がかなり安くなっているので、正直、「船の方がすごく安い」というわけではない。
新鑑真号だと、2等で片道20,000円、往復で30,000円。

大阪・神戸周辺の人ならいいが、自分の場合、これにさらに東京─大阪間の新幹線代(もしくは高速バス代)の26,000円が乗っかってくるので、航空料金が往復60,000円くらいだとすると、ほとんど違いがなくなる。


二等船室ってどんな感じ?

新鑑真号の公式サイトに、各等級の部屋の写真がある。
二等は、和室の方は広い部屋にお布団がずらり並んでいて、洋室のほうは二段ベッドになっている。

料金一緒なのが不思議だが、洋室のほうがカーテンもついていていいなあ。

ちなみに「一等洋室」と「二等洋室」は、あまり違いが感じられない。

面白いなあと思ったのが、その他の設備。
ゲームコーナーに麻雀室、卓球室、カラオケダンスホールまでついている。
どこも、合宿所とかにくっついているような感じだが、楽しそう。


チケットの購入方法

新鑑真号については、このページにすべて詳しく書かれている

電話で直接申し込んでもいいし、JTBや近ツリなどの旅行代理店でも買える。

往復で買った場合、復路(帰りの分)がオープンにでき(←何日の便に乗って帰ってくるかは、現地で決められる)、一度予約した便も、24時間前までの申し出で、一回に限り、一ヶ月以内の船便に変更できるとのこと(一応「特別な事情がある場合」となっているが)。


船で行く?飛行機で行く?

ゆったり船旅は、一度体験してみたい。

ただ、行き先がシルクロードとなると、大阪─上海の時間がかかるだけでなく、今度、上海から西安までの鉄道旅もかなりの時間がかかってしまう。

空海かよ!阿倍仲麻呂かよ!
(まあ、彼らは鉄道じゃなくて、馬か徒歩だと思うけど)

それはそれで、その分旅程を伸ばせばいいだけとも言えるが、むしろ、西安に直接飛行機で降り立って、シルクロードをゆっくりまわったほうが有意義か。

船旅は、上海を中心に、華中・華南をまわる旅行の時に使ったほうがいいのか。
うーん・・・悩む。
 
 
 
■関連記事

大阪~上海 新鑑真号

▲このページの一番上に戻る

作成 2007年12月26日 01:04  | チケット&ツアー情報 | TB (0)
次の記事 旅行保険に入る?
前の記事 格安航空券を購入
トップページに戻る トップページに戻る

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://awd.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/1318