トップページ管理人の購入体験レポート

必死の組み立て作業

「やっぱり組み立てサービス頼んでおくべきだった・・・」

まずそう思いました。
今は違うようなのですが、当時は数千円で「組み立てサービス」というのがあったのです。

写真:到着風景その2

少しずつ荷物をばらしてゆくと、なんだか引越し時のような混沌とした状況になってきてしまいました。

そのうち、少しめげていた気持ちも復活し、今度は妙に闘志がわいてきました。「絶対に今晩中にこれを完成するぞ!!!」と。

組み立てる箇所がたくさんあるので、ねじも実にいろいろです。

写真:ねじ

こんな風にかっちりまとめてあるので、とてもわかりやすかったです。最近の組み立て家具は、ねじも工夫がされていて、ななめってしまうことなく、なかなか楽にできることが判明。思っていたよりは楽にできました。

ここからは、組み立て風景を楽しんでください。

まずは枠組み完成。実はここまでの作業で半分くらいかかっています。
非力なひとり(♀)での作業なので、変に傾いてしまわないよう、いちいち寝かした状態で、雑誌などで高さを調整し平行&垂直になるようにしながら、慎重に組み立ててゆきました。たぶん、もうひとりいれば、その人がポールを平行に抑えていて、もう一人がねじをとめるといった分業ができ、作業は格段に楽になるはずです。

マニュアルにも書いてありますが、完成直前までは

「ボルトをきつくしめてはいけない!」

これ、すごく重要です。

写真:枠組み完成

ベッド下の板を支える横軸や、ハンガー部分など、細かいパーツや軸をとりつけてゆきます。次第に形ができあがってゆく過程は、結構楽しいものです。だんだん愛情が芽生えてきますね。

写真:ベッドの板もとりつけ

板をのっけて、マットを敷くと、ロフトベッド完成!!
最後にボルトを全部がっちりしめなおすと、きしみもまったくなくなりました。

私が組み立てたとは思えないほど、頑丈なベッドです♪

写真:上のあがってみた

おそるおそる、はしごに手をかけ上ってみました。
ベッドの上から部屋の中を見回すと、視界がかなり違っていて新鮮で面白いものです。

気になったのは、予想以上に天井が近いということです。
・・・頭をぶつけないようにしないとなあ。

そして記念撮影その1。
どうです?なかなかはまっているでしょ。

写真:完成

記念撮影その2。
はじめてロフトベッドに寝たよく朝のものです。

久しぶりのベッド、初めてのロフトベッドでしたが、快適に眠ることができました。
もう、布団はたとまなくっていいのさ♪なあんて思うと、うれしくなります。(ただ、はしごを下りるのに慣れておらず、初日はちょっとびくびくでした)

写真:完成その2

写真見ていただくとおわかりのとおり、元々持っていた机と高さがまったく同じなので、組み合わせてくっつけると、L字型のようになります。自宅で仕事をしているSOHOワーカーなので、プリンタを置いたり、作業途中の書類を並べたりと、なかなか便利。



 次へ(感想&メッセージ)






■上記情報は2017年1月時点のものです。
■最新&正確な情報は各ショップ公式サイトにてご確認ください。