丸テーブル型パソコン?銀座ルノアールの「CYBER PetIT(サイバープチ)」体験

サイバープチ電源利用OK、長居OK、ゆったりソファー&ゆったり空間、そして煙草もOKなホットスポッターのオアシスといえば、そう、「銀座ルノアール」だ。
その浜松町店に、昨年末、ユニークなテーブルが登場したとの情報を得て、仕事の帰りに立ち寄ってみた。

それが左の写真。

丸いガラスのテーブル?
いや、テーブル型のパソコンというべきか?
あるいは、パソコン組み込みテーブルか?

ちょうど店内も空いている時間帯だったので、お店の方に許可をいただき、いろいろ写真を撮らせてもらった。

記事作成:2004/01/29

地下鉄大門駅すぐ上、もしくはJR浜松町駅から徒歩3分

浜松町・大門駅周辺の地図ところで、浜松町店はどこ?
という方もいるので、簡単に説明しておこう。

都営浅草線の大門駅をあがったところの交差点からすぐの場所にある。JR浜松町駅からも徒歩3分ほどで、浜松町駅をでて、東京タワーを目指して歩くと、大門駅がある交差点をわたってすぐの左手にある。

ちなみに、同じビルの1Fにはマクドナルド(Yahoo!BBモバイル)があり、道路をはさんで反対側にはモスバーガー(HOTSPOT)。

浜松町駅をでた所/ライトアップされた東京タワーがきれい大門交差点の角にはウェンディーズ(Mzone)があり、田町駅との間にはCafe de CRIE(HOTSPOT)と、大門駅周辺は、ひそかにホットスポット集中エリアだったりする。

自分の中では、地味なイメージが強かったエリアなだけに、ちょっと意外だ。

見た目は普通のおしゃれな丸テーブル、でもよく見ると・・・

さて、階段をあがって店内に入ると、それはすぐにわかった。
入ってすぐのところに3つ、並んでいた。

大門店のサイバープチは3台

事前に知らなかったら、ただの丸テーブルかと思って通り過ぎてしまうかもしれないくらい、自然に置かれている。しかし、もちろんおしゃれなだけのガラステーブルではない。テーブル・・・というのは仮の姿で、実はテーブルの形をしたパソコンだ。

サイバープチ・・・この名前って、ちょっとかわいい

天板は厚みのあるガラスで、その下にディスプレイ&本体が組み込まれている。各テーブルにはチェアが4つ。無意識のうちになんとなく、ディスプレイの画面が正面から見える席に座ったが、すぐに、このテーブルが回転する仕組みになっていることに気がついた。そう、どこに座っても、あるいは複数人で利用する場合でも、くるくるっとテーブルをまわせばOKなのだ。うまくできていると感心。

・・・ところで、これってタッチパネル式?

と、疑問に思った方もいるだろう。
大丈夫。ちゃんとキーボードがある。というか、ちゃんとマウスまである。
引き出し式だ。

サイバープチの引き出し式キーボードその1 サイバープチの引き出し式キーボードその2 サイバープチの引き出し式キーボードその3

100円を入れる料金は、10分で100円。
テーブルの下左側に、コインを投入するところがあり、なんとなくゲームセンター気分だ。
(そういえば、自分が小学生の頃には喫茶店でのインベーダーゲームが大流行していた・・・といっても、未開の辺境育ちなので、噂でしか聞いたことがなかったりする)

さっそく利用♪

ホームはポータル画面にちょっとどきどきしながら、100円を投入。正直、10分がどんな長さなのか、よくわからない。

お金を入れると、右の画面がでてきた。
「CYBER PetIT(サイバープチ)」というのが、このネットテーブルの名前だ。ホームページには、検索エンジンやらニュース・天気サイトやらのリンクの他、オンラインゲームなど、いろいろなリンクが張られている。

インターネットカフェやネット利用できるマンガ喫茶でもよくある、便利な「ポータル画面」だ。時間制限がある中でネットを使う場合には、こういったポータル画面が必須だ。(普段は自分のブックマークに頼りきりなので、いざ、他人のまっさらなパソコンを使ってネットで情報収集をしようとすると、結構大変な思いをすることがある)

サイバープチ専用アプリケーションが立ち上がっており、ブラウザを閉じて他の作業をする・・・といったことができるものではないようだ。

上部には、残り時間も表示されている。
初体験ということもあり、なんとなく残り時間が気になるが、
わりかし10分は長いかもしれない。

残り時間

なんとなく自分のサイトをチェック URL直接入力で、東京ホットスポット情報館を開いてみる。
当たり前だが、ちゃんと表示される。

(いつも自分のパソコンでしか表示確認せずに作っているので、他のOS・ブラウザで問題なく表示されているのかどうか、とても気になるWEBマスター心)

ところで、画面上部に目をやると「メール」というアイコンと文字がある。
「Yahoo!メールでも開くのか?」と思ったら、そうではなかった。

フォームメールでメール送信
クリックをすると、左のような画面が開く。

ここに、宛先と自分のメールアドレスを入力し、メッセージを書いて送信をすると、相手にメールが送られるというもの。つまりきわめて単純な仕組みのフォームメールなのだが、まったく事前登録も何も必要なく、単発で好きな相手にメールを送ることができることにちょっと感動をしてしまった。これ、緊急に誰かにメールを送りたいけど、パソコンを持っていなかった・・・という時に便利かも。

(よく訪問者からの感想を受付けたりするのに、フォームメールのCGIを活用しているが、FromアドレスもToアドレスも両方入力させれば、簡易メーラーになるんだ・・・という、とても単純な事実に、この時初めて気がついた)

このフォームメールからメールを送ると、相手にはこんなメッセージで届く。

Date: 15 Jan 2004 18:12:13 +0900
To: hotspot@joho.st
Subject: 銀座ルノアールからテストメール
From: CYBER PetIT <petitmail@xxxxx.com>

◇◆━━━━━━━━ 注意 ━━━━━━━━◇◆
このメールはネットテーブルPetITを利用し
和田様から送られています。
返信は wada@joho.st にお願い致します。
ソフネットジャパン(株) http://www.sofnetjapan.com
◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆

CYBER PetITでメールしてみました。
無事に届くかな?



店内はかなりゆったりしていて、通りに面して広いガラスとなっておりかなり開放感もあるその後、再びホームに戻って、いろいろリンクアイコンをクリックしている間に時間は過ぎ、ちょっと前に「もうすぐ終わります。続けてご利用の場合には・・・」みたいなメッセージが表示され、10分経過したところで、またもとの待機画面に変わった。

10分は、思っていたよりも長かったような気がするし、何かしようとするにはちょっと短い気もする。
まあ、ネットアクセス目的があらかじめ決まっていれば、10分で十分な場合も多いだろうし、あるいは200円で20分くらいあれば、かなりゆっくりと情報収集からメールのやりとりまでできると思う。

最近は、パソコンが必要になるかどうかわからない外出時には、極力持ち歩かないようにしようと心がけているので(重い荷物を持ち歩きすぎて、ちょっと腰を痛めた)、そんな時に最寄のホットスポットにこんなテーブルパソコンがあったら、WEBメールをチェックしたり、ちょっと時間つぶしするのにいいかも。ネットカフェやインターネットが使えるマンガ喫茶を探して入るほどではない・・・あるいは、それはちょっと抵抗がある・・・といった背広ビジネス層にも嬉しいサービスかもしれない。


ちなみに、このサイバープチ、現在は試験導入段階で、
浜松町店を含む都内4カ店に、まずは設置されるそうだ。

§1月29日時点設置済・・・浜松町店、西銀座店
§2月第一週設定予定・・・渋谷公園通り店、ニュー秋葉原店


見かけたら、ぜひ試してみよう。
(ちょっと新鮮な感じがして、面白い)


東京タワーが近い

・・・最後になるが、肝心なことを書き忘れていたので、追記。
このネットテーブル「CYBER PetIT(サイバープチ)」は、Yahoo!BBモバイルの無線LANで接続されている。(有線のLANケーブルが店内の床をはっているわけではない)


つまり、ノートパソコンやPDA同様、ホットスポットな端末の仲間だ。


レポート日:2004年1月15日

▲ PAGE TOP

▲ページトップに戻る



トラックバック( http://awd.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/1080 )

コメント

(コメント表示前にサイト管理人の確認が必要になります。少々お待ちください)

メールアドレスだけを入力しても、ページ上に公開されることはありません。なおURLを入力した場合には、そのURLへのリンクが張られます。




<< b-mobile乗換え検討委員会(4)追加情報編 │ トップページ │ サイト運営履歴(2005年以前) >>


公衆無線LANサービス「ホットスポット」に関する情報を発信します!
COPYRIGHT (c) 2002-2005 BIRDHOUSE