地上約110mに「Air station」??・・・これって一体何?

04.04.18 [ 管理人日記2004年 ]
写真
クリックで拡大
もちろん、自分が撮ったものじゃないです・・・こんな高いところ。rowさんが、千葉県某所で撮影して送ってくれた写真です。

さらに近づいて見てみると・・・


写真
クリックで拡大
確かに、「Air station Pro」の文字が。眼下の街を見下ろすかのような風情です。

一般家庭用の無線ブロードバンドサービス??
いや、こんな高いところのはずないよなあ。せめて電柱の上とか2?3階建ての建物の屋上とかですよね。

設置場所近くのフロア用?
いや、どう見ても、下界に視線がいっているよなあ・・・この子。

「バッファローの次なる作戦は屋外!?」
「公衆無線IP電話への布石!?」

うーん、考えてみたけど全然わからないっす。
これって一体何だと思います?


▲ページトップに戻る



トラックバック( http://awd.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/1005 )

コメント

ちなみに製品はこれみたいです。

http://buffalo.melcoinc.co.jp/products/catalog/item/w/wle-hg-dyg/

「11Mbps通信時最大1.5km」

こんな広範囲カバーできちゃうものなんだ!知らなかった。(でもこれは何目的の設置なんだろう・・・やっぱり不思議)


投稿者: wada (2004年4月18日 01:46)

写真撮影本人ですが、いまいち目的が分かりません。

製品使用を、見ましたが 指向性が有る事を考えると

公衆向けサービスという訳ではないので、

「IP電話ではない」ようですね。

企業間の専用線の手段の一つなのかもしれません。

(IP-VPNの代わり?)


投稿者: row (2004年4月18日 16:21)

 これって、いわゆる無線LANのAdHocモードで使っているのでは?

(http://e-words.jp/w/E382A2E38389E3839BE38383E382AFE383A2E383BCE38389.html)

(http://www.docomokyusyu.co.jp/support/m_support/weekly/weekly_back147_1.html)

 数百m程度の2地点で通信する場合、回線は引きたくないけど無線で飛ばせればなぁ~、とかいう用途にはよく使われます。


投稿者: つかなな (2004年4月20日 00:35)

つかななさんというとおり

2拠点間で指向性アンテナ同士を飛ばすタイプですね

いわゆる「ビル間通信」で昔からあります。

プリングルス缶でも似たようなアンテナが作れます。

2年前にしょうぶ沼さんとこれやビーフシチュー缶とかで盛り上がっていました。

 http://www.oreillynet.com/cs/weblog/view/wlg/448

パワーブックニュースの飯嶋さんも作られたようですが

 http://powerbook.jp/modules/news/article.php?storyid=69


投稿者: がめら屋 (2004年4月24日 15:27)

プリングルス缶!!!

ビーフシチュー缶!!!


投稿者: wada (2004年5月 3日 00:42)

(コメント表示前にサイト管理人の確認が必要になります。少々お待ちください)

メールアドレスだけを入力しても、ページ上に公開されることはありません。なおURLを入力した場合には、そのURLへのリンクが張られます。




<< 【今週のニュース】米マクドナルド、Wayport を選定 │ トップページ │ 【今週のニュース】NTTBP、VoIPトライアルを開始 >>


公衆無線LANサービス「ホットスポット」に関する情報を発信します!
COPYRIGHT (c) 2002-2005 BIRDHOUSE